2018.01.11

眠い

まだ社会復帰して2日か。
眠くてしょうがない。

ランチをしっかり食べたせいかもしれないし、
暖房が強くてボーッとしたからかもしれないけど。

もう、早く週末にならないかなーって思ってる。

しかし、週末には両方とも予定を入れてしまったので、ゆっくりはできん。
まーそれはそれで、気が張っていいのかな。

休みたい。

 


2018.01.11, 00:35 / 日々所感
2018.01.10

時差

仕事はそつなくこなしたい主義ではあるが、朝は5時に起きてしまい、
いつも通り、午後は眠くて集中力がなくてダメで、
18時を過ぎたらもう、疲れ切って、考える力がなくなった。

ま、いつも通りか。

今週まだ長いなぁ。

めんどくさいなぁ。

 


2018.01.10, 01:44 / 日々所感
2018.01.08

最終日

年末年始のお休みが、今日で終わり。
久しぶりに日本に帰って来て、天気が悪くて、頭痛。

まだ、自分が周りの空気と噛み合ってないような、ズレを感じている。
明日から仕事、大丈夫だろうか・・・。

なんだかんだ来週末には雪山トレーニングなので、まずは体を戻さないと。
毎日散歩はしてたけど、逆に言えば散歩しかしてない。

今週は、朝ちゃんと歩いて、できれば帰りにボルダリングもしたいな。

明日は暖かいというので、ちょっと期待。

 


2018.01.08, 21:16 / 日々所感
2018.01.08

あしたは最高のはじまり

海辺で遊びまくってるサミュエルのもとに、かつて一晩を共にしたクリスティンが突然やってきた。
子どもができたと、突然赤ん坊グロリアを渡し、クリスティンは逃亡してしまう。
サミュエルはクリスティンを探すものの見つからず、仕方なく自分で育てていく。
グロリアが8歳になり、父娘の関係もうまくいっていたとき、クリスティンが戻って来て、グロリアを取り戻そうとする。

クリスティンのやってることに全く共感できるところもなく、むかつく。
捨てたくせに、取り戻しに来るとか、しかも新しい恋人が一緒だし、わけわからん。

サミュエルとグロリアは毎日がとても楽しそうで、見ていて気持ちいい。
だから当然、こっちを応援したくなる。



2018.01.08, 17:03 / ☆☆☆
2018.01.03

Tanna

タンナ(Tanna)

バヌアツの部族で暮らす娘ワワは、族長の孫ダインと恋に落ちていた。
復讐の歴史が続いてきた近くの部族と再び争いが起こり、ワワの祖父が殺されてしまう。
これ以上の争いを望まない祖父は、和解することを願う。
その条件として、花嫁を交換することになり、年頃だったワワが選ばれてしまう。

恋愛結婚と、しきたりによる結婚。
我慢してしきたりに従うというのが、今までの伝統的な姿。
そこから逃げ出す二人というのが新しい姿。

撮影もバヌアツで行って、キャストも現地の人たちということで、ドキュメンタリーのような雰囲気。
火山が身近にあって、海もあって、ジャングルもあって、自然豊か。

変化があったことは嬉しい。
ただ、死がきっかけになるのは悲しい。

 


2018.01.03, 21:00 / ☆☆☆
2018.01.02

BIG GAME 

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター

フィンランドの辺境の村で暮らす少年オスカリは、13歳の誕生日に通過儀礼として、
一人で森に入り、大きな獲物を獲ってこなければいけなかった。
弓が得意でないオスカリが森で奮闘していると、飛行機が墜落してきて、謎の物体が現れた。
指示通りに開けると、そこにいたのは、アメリカ大統領だった。

というわけで、テロリストから逃げるアメリカ大統領を、13歳の少年が助けるという、ありえない組み合わせがいい。

オスカリは彼なりに、獲物が獲れない悔しさがあり、なんとか強くなりたいと思ってる。
自分の土地では強い人でありたいから、目の前の人が大統領だろうと、媚びない。

大統領は、もちろんフィンランドの森の奥で一人でどうにかできるはずもなく、彼に頼るしかない。

そんな関係だから、対等になる。

なかなかイイ映画だった。

 


2018.01.02, 21:12 / ☆☆☆☆
2018.01.02

モチベーション革命

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書
尾原和啓 (著)


乾けない世代、と書かれている、いわゆるミレニアル世代。
生まれた時から物は十分にあって、何かを得るためにガムシャラに働くことはない。
なんか意味のあることをしたくて、そういう働き方をしたい。

ものすごい実感が湧く。
私も年齢的には境目だろうけど、断然こっちの乾けない世代。

プライベートゼロでガムシャラに働くことに意味を見出せない。

そんな世代が、どうやって生きていけばいいか、何を仕事にしたらいいか、
どうやって働いていけばいいか、どういうチームを組んだらいいか。

昔は同じような人たちが集まればよかったが、
今はそれぞれの個性を知った上で、組み合わせれば最強という状態を作ることが大事。
個性はあるものとして、それを生かす道をちゃんと探そう、というメッセージ。

また、新しいこと、クリエイティブなことをするためには、失敗を受け止めてくれる仲間が必要。

お互い様の精神。

これは前職で、失敗したら全力で責めるという若者たちを見ていただけに、やっぱり必要なのはこっちだよなと改めて思った。
なんでも自分のものがある時代だからこそ、自分は自分、他人は他人になっちゃって、許容する心がなかったりするのかな。

さらっと読める本ではあったけど、わかるわかると読み進められる。
だからといって、今すぐ自分の生活に生きるかというと、それは難しいわけだが。

何か猛烈にやりたいことがある人には良い時代。
それがない人にとっては、なかなか難しい時代である。

 


2018.01.02, 10:30 /
2018.01.02

ブロックチェーン・レボリューション

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか
ドン・タプスコット (著),‎ アレックス・タプスコット (著),‎ 高橋 璃子 (翻訳)


仮想通貨の話ではなくて、その根幹技術であるブロックチェーンについての本。
ブロックチェーンが簡単に言うとどういうもので、世界をどう変える可能性があるか、といったことが書かれている。

まだ技術的なことを理解したわけではないけど、
P2Pで複製不可というのは、応用範囲が広く、将来的に非常に重要ということはよくわかった。

これは真面目に勉強する価値がある、と思うし、
それに出遅れている自分が少し嫌になったし、この世界をすでに作りつつある大勢の人たちの行動力を尊敬した。

頑張って追いつこう。

 


2018.01.02, 08:53 /
2017.12.31

2017年を振り返って

去年のを読み返してから、今年を振り返る。

唯一大きく変わったことは、転職したこと、かな。
もう6社目になるけど、なにかと振り回されていた去年とは大きく違う。

それに伴って引っ越したけど、そっちはそれほど印象にないか。

引っ越しとは関係ないはずだが、11月・12月の記憶がほとんどない。
仮想通貨に手を出して、そっちが新鮮で楽しかったからかもしれない。


仕事

仕事に関しては、7月から転職したので、だいぶ変わった。
しばらくは、大丈夫かなー炎上してないかなーって心配だったが、最近ようやくその気持ちがなくなった。
辞めたことに後悔は全くしてないんだけど、残してきた友だちが気がかりだったりしたのだ。

今の職場は、驚きのワークライフバランスで、仕事が時間でキッチリ区切られている。
土日に仕事がないだけでなく、10時19時の壁も守られている。
特に締め切りの厳しいタスクもないし、かなりゆったり働くことができている。

ヒマな時間もかなり多い。
やってやるぜ!!っていう気合いが入ることもなく、ワクワクすることも全くない。

そう考えると、ここにいていいのか? と思ったりはするけど、レベルの低い仕事をしてるわけではないし、
自分の時間が取れるので、そっちのほうでそういう気持ちを解消するのが筋なんだろうなと思う。
それはそれで新しい挑戦。

こっちの職場の人とも、プライベートで関わりたいとは思わない。
それはそれで、そのままでいいと思ってるし、問題ないだろう。

放送研究会の後輩が始めた会社、しばらく手伝えていない。
うまくすれば時間が空くので、手伝うのもありかもな、とは思う。


人間関係

こちらは完全に去年と同じ。

実家に帰る回数が減ってしまってるのは申し訳なく思う。
みんなが実家に帰るタイミングで声をかけてもらうことがなくなってしまったのもあるけど。

そろそろ甥っ子姪っ子は私の相手はしてくれなくなり、子どもたちだけの世界ができている。
祖母のことは気がかりなので、また年明けに会いに行こうと思う。

研究室の友だちとの定例飲みが続いているのはありがたく、唯一と言っていいほど、なんでも話せる場。
あと前職の友だちとも細々とはつながっていて、ここにも親友がいるので、つながりを大事にしたい。

もう1つ大事なところは、相変わらず病気とかお金とか、どうにもならないことに阻まれている。
やっぱり仕方ないと思うようにはしているけど、それでもストレスになるし落ち込む。


体のケア

運動は、去年と同じで、週1回のボルダリングと、ときどきの登山。

ボルダリングは、渋谷に新しくできたNoborockと、秋葉原のB-PUMPの二択状態。
去年より1つ上のレベルに手を出すようになったのが、成長したところか。
手を出すだけで、ほとんど登れてはないけど。

もうちょっと成長するために、ホントに体重を落とそうかな。
朝は1時間歩いて通勤したり、肉を多めにしたり、変えつつあるところ。
まだ成果は出てないが、今の職場の生活だと太るので、かなり気をつけないと。

登山は、秋以降は行ってないが、夏まではけっこう頑張った。

テント泊が基本になってきたら、夏を中心に考えてしまうようになり、それで秋に行かなかったのかな。
紅葉を撮りに行くのは、山じゃなくてもいいんだよなと思ってしまったのもあるか。

1月: 檜洞丸
2月: 八ヶ岳・横岳(moc雪山トレーニング)
3月: 北横岳(ゆるい雪山)
4月: 川苔山(楽天の人たち)
5月: 大山(探検隊の人たち)
7月: 至仏山(雨の尾瀬)
8月: 北岳・間ノ岳(テント泊)
8月: 小仏城山・高尾山(探検隊の人たち)
9月: 槍ヶ岳(テント泊)
11月: 鳳凰三山(テント泊)

他にも台風のせいで行けなかったのが何回かあったけど、月1に近いペースでは行けてたようだ。
来年は、北穂高・奥穂高に行きたいな。

こうして体に負荷がかかったせいか、10月半ばから右膝が何もしてないのに痛くなり、12月に整形外科に行った。
スポーツ整形とかリハビリとかを専門にしているところで、診察だけじゃなくリハビリ期間が長い。
週1回くらい通って、今まで気にしてなかったことをいろいろ指摘してもらえている。

リハビリの先生が2人いて、アドバイスも違っておもしろいが、もちろん共通しているところは多い。
筋肉のつき方が左右で違ったり、筋肉や関節が硬いせいで、筋が引っ張られたりして負荷がかかるらしい。

歩くときだけでなく、普段の生活からマッサージやストレッチをしないといけない。
これは意識していなかったので、今知ることができてよかった。
足は歳を取るとどんどん衰えるはずだから、早いうちに矯正できたほうがいいに決まってる。


お金

仮想通貨に手を出して、お金を稼ぐことや、税金に興味を持った。
もちろん今までもお金はあればあるだけいいとは思ってたけど、リスクがあることには全く手を出さなかったのだ。

今の会社に転職してすぐ、ビットコインが40万くらいの頃に同僚たちがやってることを知って身近になった。
それでも、リスクがイヤで手を出さなかった。

ブロックチェーンの技術は絶対来るってわかってても、触れてみないと感覚がわからない。
10月半ばに Coincheck で少額からスタートして、マイナスにならずに少し儲けたところで、
11月に多めのお金を入れて、少し儲けて、暴落して、を繰り返して、本格的にハマる。

ビットコイン以外の取引のほうがいいのでは? と思って、12月半ばに Zaif にアカウントを作って、
日本の取引所じゃないほうがいいのでは? と思って、12月後半に Binance にアカウントを作った。

Coincheck でビットコイン、Zaif で主要アルトコイン、Binance でマイナーなアルトコインと分けていた。
出来高としては、Coincheck = 130%、Zaif = 101%、Binance = 160%。
いずれもレバレッジなし。

期間のことを考えると、Binance が優秀。

これを書いてて Zaif いらねーなと思い、Zaif の 40% を Binance に回しておいた。
それもあって、今は Binance = 120% だけど、きっと上がるだろう。

ビットコインに関しては、先物上場の話が出てから動きが読めなくなって、
一般に流行してさらに読めなくなったので、来年は戦い方を考えないといけないかな。

うまくやれば儲かるということがわかったので、今のところやめる気はない。


2018年の目標

予想通りではあるけど、あまり変化のない年だった。
変わる部分はあってほしいが、良い方向への変化だけであってほしい。

もうそろそろ転職はしなくていいし、引っ越しもしなくていいと思ってる。
そういう変化じゃない変化が欲しい。

だんだんと世の中に置いていかれているような、妙なズレを感じている。
この感覚は、放っておいても生きてはいけるだろうが、生きてて楽しくはないだろう。

歯車が合うようになるためには、パートナーとうまく行く、みたいなことが必要なんだと思う。
一人で生きられる時代であっても、つながりは大事。

2018年はどうしたいか・・・。

技術的に、社会的に、自分の為になりつつ、世の中に役に立つことをしたい。
身体が衰えないように、継続していけるように、ボルダリングも登山も続けたい。
心身ともに、不調に気づいたらすぐに対応するようにしたい。

今より、生き生きとしていたい。
何かに夢中になって、時間があっという間に過ぎる、それが理想だ。

何もしてなくたって、時間が経つのは早い。
ちゃんと自分に刻み込まれるような経験をしたい。

 


2017.12.31, 22:29 / 日々所感
2017.12.28

僕のワンダフル・ライフ

イーサンに飼われた犬ベイリーは、生涯を終えたあと、別の犬として転生する、ということを繰り返す。
記憶は残っていて、自分は何のために生きるのかと自問している。

出会いと別れの繰り返しなので、基本的には悲しくなる場面が多いが、
犬は可愛いし、ちょっと笑える場面も多いので、良いバランス。


2017.12.28, 18:44 / ☆☆☆☆☆