2013.05.19

屋根裏部屋のマリアたち

フランスで裕福な暮らしを送るジャン・ルイの家族。
奥さんは田舎出身だが裕福な暮らしに慣れ、自分では一切家事をしない。
長年雇っていたメイドをクビにして困り果て、当時の流行りだったスペイン人メイドを雇うことにした。

フランス人はいろいろな感情を裏に隠していて本心が読めないらしいが、
スペイン人はあっけらかんと何でも話し、仲間と助け合って、楽しく生きている。

建物の最上階がメイドの集合住宅になってるのって、フランスではよくあるのかな。
下の階にはお金持ちが住んでいて、屋根裏部屋みたいな場所にはメイドたちが住んでいて、
そこは洗面所はなくてトイレは共同、シャワーもない。

着飾った生活に疲れていたジャン・ルイは、スペイン人たちに惹かれていく。
さらに、自分の家に来てくれたマリアは若くて仕事もしっかりできるので、恋愛感情を抱いてしまう。

辛いときこそ笑って過ごす、というか、笑って過ごすように意識してるんだろうなって思う。
もちろん現状を全て良しとしてるわけじゃなくて、今は今、だけど明日は良くなる、と信じてる。
そういったポジティブなエネルギーを出している人は、誰だって輝いて見える。

ジャン・ルイは、国が違っても立場が違っても特別視することなく、
メイドさんたちに手を貸したりしていて、イイ奴だなって思ってたんだけど、
恋愛感情が見えてからは、ちょっと気持ち悪かったな・・・

マリアも何で・・・って思っちゃたし、違う結末がよかった^^;

屋根裏部屋のマリアたち
監督:フィリップ・ル・ゲイ
出演者:ファブリス・ルキーニ、 サンドリーヌ・キベルラン、 ナタリア・ベルベケ、 カルメン・マウラ
収録時間:107分
レンタル開始日:2013-01-09



2013.05.19, 17:51 / ☆☆☆☆
屋根裏部屋のマリアたち はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.