2013.02.23

引越し見積もり

見積もりが遅い時間になったので、それまでは荷物減らし作業を淡々と。
まだまだやることはあり、今日もまたゴミ袋が4つくらいできた。
この土日で10袋くらい作れれば、もう捨てるものなくなりそうなんだけどな。

そして、予約していた時間になったが、人も電話も来ない。
またかよ・・・と思いつつ、とりあえず支店の電話番号を検索して、
10分過ぎて来なかったら電話しようって決めて待ってたら、5分過ぎたところで電話がかかってきた。

どうやら家の前まで来て、入り口がわからなかったらしい。
確かにパッと見では一軒家にしか見えないので、それは仕方ない。

感じのいい兄さんだった。
まず最初に、ただひたすら謝られた^^;

こちらとしては、どれだけ安くしてくれるかなーということだけが最大の関心事。
新居側の都合で引越し業者が指定されているので、普通だったら足元見られるパターンなのだ。

持っていく家具と、備え付けの家具と、置いていく家具を確認しながら、部屋をひととおりチェック。

できれば粗大ゴミに出したいものも言ったら、今からだと次の粗大ゴミ収集に間に合わないかもと教えてくれた。
今の時期は粗大ゴミが多いので、いっぱいだったらそのさらに次の収集日に回されるからだ。
ダメだったら持ってくということで・・・荷物増えるな。

ギリギリだな~って言ってたから、まだ荷物多かったか!と思ったけど、小さいトラックでギリギリという意味らしい。
新居側の道が狭いので、使えるサイズが限られているとのこと。

次は日程の交渉。
平日のほうが安そうなので平日を希望ってことを伝える。
確かに平日のほうが2万円くらい安いらしい。

次は午前/午後の交渉。
新居側が一度に一世帯しか作業できないらしく、重なると待つことになるとのこと。
あと、午後のほうが時間が決まらない分、午前より午後のほうが安いとのこと。

安さ第一なので、ある平日の午後ということに決まった。
作業が終わるのが遅い時間になり得るので、事前に電気の契約を済ませておかないといけない。

ここまで決まったところで、会社に連絡を入れてトラックがあいてるか確認してた。
もうこれ以上ミスしたくないし、自分がミスするのはイヤだからって。
お互いにとって、ミスはよくないよね。

そして、お金の話。
どのくらいを考えてるかって聞かれたので、前回は3万弱で距離も同じくらいだから同じくらいがいいって話した。
あまりにも安い金額に戸惑った様子。

いつのことか聞かれて、4月末か5月頭って答えたら、3月は3倍くらい高いんですよって。
3月は高いってことは知ってるけど、そこまで高いとは予想外だ。
どこの業者を使ったか聞かれて、ダック引越しセンターって答えたら、そこは業界最安値だって。

でも、いろいろ迷惑かけてるんで・・・ってことと、安いほうの選択肢を選んだことで、定価の半分くらいにしてくれた。
前回の倍まではいかないけど、そのへんに落ち着いた。

迷惑かけられてなかったら、あの金額のまま決まっちゃってたのか・・・と思うと、
住所を間違えられたことも、良かったのかもしれぬ。

そして、そのあとすぐにダンボールを持ってきてくれた。
Mが10箱、Lが10箱、あとは布団袋。
ケースの中の衣服はそのままでいいのと、ハンガー30個くらいは当日ケースに入れられるらしい。

でも、あとは全部入れないと。
トラックのサイズはギリギリらしいからね。

さて、今日はもう疲れたので、明日からまた頑張ろう!


2013.02.23, 20:53 / 転居
引越し見積もり はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.