2012.10.29

人生、ここにあり!

精神病院が廃止されたイタリアで、単純な労働ばかりさせられていた患者たち。
そこに送り込まれたのは労働組合を追い出された熱血漢ネッロ。
あまりにも生産性の低い仕事に見切りをつけ、クリエイティブなお金になる仕事を始めることにした。

単純にいい話って言っていいのかわからなくて、ちょっと悩んでいた。
でも、自分があの場にいたら、確実にクリエイティブな仕事のほうを選ぶ。
それは精神病の方々だって同じなはず。

彼らの症状は様々で、だるくなるほどの量の薬を飲まされていたりする。
クセはあるけど、考える力がないわけじゃないし、身体が動かないわけでもない。
お金は欲しいし、性欲もあるし、彼女も欲しい。

ただ、決断ができなかったり、突然我を忘れてしまったり、繊細すぎたりするのだ。

彼らの仕事が認められた瞬間は、やった!って思ったし、
彼らの会議も、本音ばかりでホントごもっともな意見だったし、自然と応援していた。

やればできる。

途中で悲しい出来事もあったけど、これが実話だったらいいなって思ってた。
何もさせないで閉じ込めるよりは、つらいことがあっても自分の力で生きているほうがいい。

まるっきり実話、というよりは、イタリアで実際に精神病院が廃止されて、
この例をきっかけにして、仕事し始めた患者さんたちが増えていったとのこと。
それがすばらしい。

人生、ここにあり!
監督:ジュリオ・マンフレドニア
出演者:クラウディオ・ビジオ、 アニータ・カプリオーリ、 ジュゼッペ・バッディストン、 ジョルジョ・コランジェリ
収録時間:111分
レンタル開始日:2012-06-02



2012.10.29, 22:47 / ☆☆☆☆
人生、ここにあり! はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.