2012.06.24

天国からのエール

沖縄の小さな町で弁当屋を営む大城夫妻。
弁当を買いにくる高校生に、バンドの練習をする場所がないということを知り、
自宅の空き地に音楽スタジオを建て、条件付きだけど無料で高校生たちに開放する。

実話か~。

高校生に夢を諦めてほしくないから、夢を応援した。
昔の親友のことがあったから、ということもあるだろうけど、それだけじゃできない。
そんな純粋な気持ちだけでできている。

自分が癌になったことがあるということで、そのときに一度は強く生死について考えたはず。
夢のない自分と、夢を追ったけど亡くなった友人。

夢って、持とうとして頑張ったって、持てるものじゃない。
だから持っている夢が本気なら、捨ててほしくないという気持ちはとてもよくわかる。
自分の力で支えることができて、一緒に夢を見ることができるのなら、それだって楽しい人生だ。

後半の展開が速くて、あっけないくらいであったが、実話がベースだと仕方ないかなとも思える。

もし自分がこの立場だったら、ってことを、
彼の立場と、彼の周りにいた人たちの立場で考えてしまって、ものすごくつらかった。

阿部寛、やっぱカッコいい。

天国からのエール
監督:熊澤誓人
出演者:阿部寛、 ミムラ、 桜庭ななみ、 矢野聖人
収録時間:114分
レンタル開始日:2012-05-02



2012.06.24, 22:04 / ☆☆☆☆☆
天国からのエール はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.