2010.03.16

きつねと私の12か月

10歳の女の子リラ。
学校の帰り道に通る森で、ある日キツネを見かけた。
キツネを気にいった彼女は仲良くなろうと森に通う。
  
可愛いだけの映画かと思っていたら、
けっこう自然の厳しさや人間のエゴなんかも描かれていて、
なかなか考えさせられる。

リラも家のすぐそばだとはいえ、
あんな広大な自然の中を一人で遊びまわるなんて、すごいや。

私が小さいときなんか、
隣の公園の裏にあるドブで遊んだことが、
精いっぱいの遠出だった気がするのだけど。。

そんなんだから、見ていてハラハラしっぱなし。

間違えてリラが撃たれちゃうんじゃないか!?とか、
崖から落ちちゃダメだよ!とか、
癒されるはずの光景すら危なっかしくてしょうがない^^;

子どもならではの好奇心と残酷さから、
大人を介さずに学び、成長していく様はなかなか良い。

どうやって撮ってるんだろう?というような動物たちの姿がたくさん。
メイキングとかあったら楽しかったのに、なくて残念。


2010.03.16, 00:16 / ☆☆☆
きつねと私の12か月 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.