2010.02.08

オーストラリア

イギリスからオーストラリアへ、
牛の買い付けや土地の売買を目的に夫が旅立った。
それを追って、サラはオーストラリアへ行くが、
土地と牛を巡った争いに巻き込まれてしまう。
 
状況がいまいち飲み込めないまま展開していったが、
見ている間になんとなくわかってくる。

人生でいちばん大切なのは物語、というところに共感し、
牛を追って西部劇のように馬で走りまわるところは、
爽快でワクワクする。

だが、人種差別、アボリジニの伝統、
そういったものが濃く描かれていて、単純に楽しいばかりではない。

もう終わりかな、と思うところが2回程あるくらい長い映画だけど、
長くてもう耐えられない、ということはなく、
むしろ中途半端に終わらずによかったと思う。

最後にはパールハーバーからオーストラリアへ、
日本軍が攻めてきて、
一気に現実へ引き戻されたような感じがした。

オーストラリアの原住民の話と、近代的な戦争と、
その両者が結び付いてイメージを持っていなかったが、
両方が合わさってこそのオーストラリアなのだろう。

ただ単純に楽しいわけではなかったが、
不思議と引き込まれる映画だった。
 


2010.02.08, 08:30 / ☆☆☆☆
オーストラリア はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.