2007.05.27

ホテル・ルワンダ

ルワンダの民族紛争。
フツ族とツチ族の憎みあい。

その大量虐殺の対象となっているツチ族を
フツ族であるホテル支配人ポールがかくまって助ける。

ポールは奥さんがツチ族だし、近所にツチ族の人も多く、
民族紛争をなくしたいと思っている。

そういう人も少なくないだろうに、
虐殺に走る民兵の力や、そっちに加わる人の力が圧倒的。
それはきっと、長いものに巻かれていたほうが、ラクだから。

そんな中で最後までツチ族を守ったポールの人間性が素晴らしい。

虐殺シーン、大量の死体、銃を撃ちまくる民兵、
賄賂をもらわないと仕事しない警官、
自国の人だけ救出して逃げてしまう外国の兵士・・・

見ていてツライ映画である。

あまりにも自分の知識がなくて、
遠い国の話としてしか捉えられなかったが
この映画でかなり生々しく感じることができた。
 


2007.05.27, 04:00 / ☆☆☆☆
ホテル・ルワンダ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.