2005.12.06

マルコヴィッチの穴 DTSコレクターズエディション

意外におもしろかった。

15分だけマルコヴィッチになれる穴の話。
なぜそんな穴が7と1/2階に存在するのか…と考え始めたら
その意味を捉えきれずに終わってしまった。

マルコヴィッチの目の深みが
彼自身のものかその先にいる女性のものか男性のものか
そんなことにまで思いをめぐらせてしまったり

この自分の頭で考えていることは
人形師に操られているのか自分の意志なのか
演じることと自分でいることの区別がわからなくなる。

操り操られる関係が自分の中でループしだすと
なーんか知らないけど増殖するわけだ。

私の脳に誰かいるとしたら・・・きっとそいつは人形師じゃないな。
そんなこと言ってない!!なんて
自分の発言を信じられないことを味わってみたい。
頭のなかで何かをグルグル考えてることはあるけど
残念ながら突飛な方向に進んでくれないのだ。

ひとつわからなかったんだけど
ジョン・マルコヴィッチという俳優は
ホントに人形師になって成功した人なの? 関係ない?



2005.12.06, 00:00 / ☆☆☆☆
マルコヴィッチの穴 DTSコレクターズエディション はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.