2019.08.23

旭岳

旭岳ピストンだから、車で行くことになった。

朝4時にメンバー間のLINEがあって、その音で起きた。
寝落ちして完了してなかった昨晩の仕事を終わらせ、
買っておいたパンを食べて、朝6時半ごろに外に出たところで、他のメンバーと偶然合流。

コンビニでお昼ごはんを買って、車に乗せてもらって、ここから4人。
5年前のケニア・タンザニア、その後に1回は会ったけど、
しばらく会えてなかったメンバーが今回の北海道メンバーなわけだが、
見た目には全然変わってなかったし、話してると、こういう話し方だったなと思い出す。

1時間ちょっとで旭岳の麓のロープウェイ乗り場に着き、駐車場はガラガラ。
そこからロープウェイに乗って4.5合目くらいまで行く。

曇り空で、そんなに景色はよくないけど、雨じゃないだけマシ。
準備をして、ゆっくり出発。
まだぎこちない。

ロープウェイ駅周辺は木道の散策路になっていて、登山をしない人も多い。
しばらくはそういう道を歩いて、周囲の花など見て歩く。
足元は岩のところもあって、そういうところは歩きにくい。

石室を過ぎてから、登山道。
そこからは傾斜のある道。

ただ、単調に登っていくだけで、森林限界も超えてるので道もわかりやすい。
足元は大きな岩の道があり、小石の道があり、歩きやすいわけではない。

ゆっくり歩いてくれてたと思うが、けっこう息が上がった。

何合目という標識があって、その度に休憩時間にしてくれて、おしゃべり。
だんだんと、一緒にいる時間を思い出して、なじんできた。

噴煙が近くに見えたり、でも硫黄の臭いはしなかったり。
噴火で削られた急斜面を見たり、遠くの白いのは雪か石か悩んだり。
周辺の景色を楽しみ、おしゃべりしながら登っていく。

8合目を過ぎたあたりから視界が悪くなり、
9合目を過ぎると、土と小石の滑りやすい斜面となり、ちょっと怖い。

でも、そこを過ぎたら、頂上!!

真っ白で何も見えない。
そして寒い。

けっこう雲が動いているのはわかったので、しばらく頂上で過ごす。
写真を撮ったり、昼食をかじったり。

そして、一瞬だけ、真上に青空が見えて、また写真タイム。

それが終わって、下山。

最初の砂利道が滑るので怖くて、恐る恐るゆっくり降りた。
その後も、滑りそうな道はあったけど、膝を痛めない程度のスピードで降りた。
当然いちばん遅かったけど、ところどころ待っててくれたのでよかった。

一旦ロープウェイ駅まで戻って、トイレ休憩をしてから、
最後に池をめぐってハイキング。

もう登山が終わって気も緩み、いろいろおしゃべりしながら、
ガイドのように花の説明などをしてくれるメンバーがいて、楽しかった。

ロープウェイでまた下山。

旭川までまた車で移動。


Leave a Reply