2019.08.10

8/10: 水晶岳、鷲羽岳、三俣

コースタイムだと7時発で14時半に三俣山荘のテント場に着く。
だから余裕かましてテントを干したりしてたら、出発が7時を過ぎてしまった。

ちょっと焦りつつ、祖父岳。
この辺は景色がキレイなことで、よく名前を見かける。

時々写真を撮りながら、でも進む。
最初、ワリモ分岐までの坂が、第一関門。
見るとけっこうぎょっとするけど、息を整えるとイケる。

鼻で吸って、口から吐く。
キツいときは、ずっとこれだ。

分岐で荷物をデポして水晶岳を往復するのが定番。
でもアタックザックを持ってきてないので、中身を出して、スタッフザックに突っ込んでデポ。

だいぶ軽くなった。
でも、疲れてることには変わりないようで、登りは息を整えて進む。

何回かお腹が空いて、行動食タイムを取った。
昨日は全く食欲がなかったが、やっぱ熱中症だったのかな。

水晶岳往復4時間。
水晶小屋で休憩したから、それ以上かかったな。

分岐まで戻って、荷物を回収。
やっぱり重い。

鷲羽岳は登り下りとも1時間くらい。
登りは息を整えて頑張った。
曇ってきて涼しいのもよかったかも。

下りが難関。
思ってたよりも長い急登。
ザレてて滑るのも怖かった。

ここでもお腹が空いて、行動食タイムを取った。

三俣山荘には15時頃に到着。
もう、テン場はいっぱいで、場所を探すのに手間取った。
聞こえた話だと、17時頃にはもうテントの受付を終了してたらしい。

それを聞いて、明日の予定を見てみたら、テント場に到着するのが15時半。
今までのパターンだと、1時間くらい遅れそう。

ヤバい。

出発を早めて、なんとか着くようにがんばる。


2019.08.10, 19:07 / ハイキング登山

Leave a Reply