2019.07.28

存在のない子供たち

存在のない子供たち

気になってた映画、一部で公開されてたので新宿武蔵野館まで行って見てきた。

レバノンのスラム街でひっそりと暮らすゼインくんの一家。
子供たちは学校にも行かせてもらえずに、
商店の雑用を手伝ったり、路上で物を売ったりして、生活費を何とか稼いでいた。

ゼインと年の近い妹が、商店のオーナーと無理やり結婚させられ、
それに怒ったゼインは家出をするが、仕事もお金も食べ物もなくて放浪する。

どうしようもないと諦めて何もしない両親、
生きるために必死でお金を稼ぐし、モノを盗んででも妹を結婚させないようにするゼイン。

子供が必死に物を売るのは、ただ旅行をしているだけでもよく見る光景。
路上で子供をダシに物乞いをする姿もよく見かける。
そういったことの、裏側にある世界。

これは実話か??と思わせるような、リアリティがあった。
でも、話自体は実話ではなくて、
キャストはほぼ全員が、同じような経験をしている素人から選ばれたという。

撮影終了後に移民として認められ、教育を受けているというのは嬉しい。
本当は、キャストだけじゃなくて広まらなければいけないし、
日本だって、もっと関わらないといけないんだろうけど。。。

自分が何もしてない、という現実に心が痛む。






2019.07.28, 20:51 / ☆☆☆☆☆

Leave a Reply