2018.11.11

御前山

2度目の御前山、今度は探検隊からの友だちと2人で。

今まで2回も涸沢を企画して、天候不良で流れてきたので、今度こそ、という思いもあり、
どこの山にするか、どのくらいのレベルにするか、など、それなりに真剣に考えてきた。

そして選んだのは、私がそれなりに行ったことのある奥多摩。
その中で、かつて奥多摩湖の眺めに感動した山である、御前山にした。

奥多摩駅のバス停で待ち合わせ。
わりと久しぶりに会うので、近況を話したり、少し寝る時間もありつつ。

御前山、登り始めてすぐに急登。
まだ長袖を着ていたせいもあるけど、汗だく。
友だちがなかなかのハイペースで登っていくので、体力面では私の方が下。

サス沢で眺めがいいはずなので、横でチラチラ見える奥多摩湖を気にしつつ、汗だくで頑張る。

途中ではそんなに人にも会うことなく、静かな山歩き。
おしゃべりしながら登るのも楽しい。
会話できるくらいのペースで登るべき、ということは知っていつつ、いつもはできなかったこと。

サス沢は、さすがに眺めがよかった。
下で見た奥多摩湖よりも、キレイに見える。
雲が多めだったのが残念だったけど、少し長めの写真タイム。

そこからもまた、あーまた急な坂だー!! とか言いながら、おしゃべりしたり、黙々と登ったり。
かなり疲れたけど、なかなか楽しかった。

頂上ではランチ休憩。
彼女は行動食の延長のような感じだったので、私の食事中待たせて申し訳なかったかな。

雲が多くなり、ちょっと風も出てきて、寒くなってきた。
下りのスタートは、手がかじかむ状態から。

木の根っこと泥の上に落ち葉がたっぷり、という下り坂。
けっこう急なところもあったりして、滑りそうで怖い。
彼女も下りはゆっくり行きたいということで、私と同じでよかった。

水の枯れた川の跡みたいなところがあったり、車道と交わったり、
休憩スペースで長めの休憩をしたり、
最後はずっと川の横の道だったりして、足元は怖いけど、なかなか癒される。

登山口まで出てからは、道路。
バスが車で20分あったので、歩いて奥多摩駅まで戻った。

ホリデー快速だと新宿まで1時間半なので、それを待って乗ろうということになったが、出発まで40分くらいある。
時間をつぶす? とか迷ったけど、結局自販でジュースを買って、ホームに行くことに。

30分くらい前に電車が来たので、てっきりそれはホリデー快速の前の電車かと思って、ホームで休憩していたが、
実はそれがホリデー快速だと気づいてくれて、急いで乗って、ギリギリ座れた。

奥多摩始発のホリデー快速は、30分前から並んでないと座れないんだな。

あとは、余った行動食で小腹を満たし、本を読み始めたけど、すぐに寝た。
やっぱり、長距離の電車は座るに限る!

奥多摩湖 9:08
サス沢山(着) 10:06 (0:58, CT1:30)
サス沢山(発) 10:11
惣岳山 11:18 (1:07, CT0:50)
御前山(着) 11:36 (0:18, CT0:15)
御前山(発) 12:10
トチノキ広場(着) 13:22 (0:48, CT0:50)
トチノキ広場(発) 13:58
栃寄沢登山口 14:31 (0:33, CT0:40)
境橋 14:50 (0:19, CT0:20)

登りは早かったけど、下りはちょうどいい速度。
なかなか良いペースだったな。

 


Leave a Reply