2018.09.22

帰国

朝4:30に鍵を返す約束をしていて、4:45にタクシー。

アラームはかけてあったけど、やっぱり何度も起きて、4時前に寝るのを諦めた。
4:25に旦那さん?が来た音がしたのでスタンバイしてたら、ノックされた。
大変な仕事は全部こっちの人が担当なんだな。

そのまま元のカサの前で待機。
タクシー?って声をかけられたりするので、目立たないよう向かいの広場のベンチに移動。

4:35くらいに旅行会社の車が止まったので、これだと思って移動。
日本語のガイドさんがいた。

中に乗り込むと、すでに3人の日本人。
なんか、もう旅は終わったなって感じだった。

すでに仲良くなってたようで、これまでどこ行ってたとか喋ってるのが聞こえた。
20代前半か、インスタ映えが目的の旅行だったらしく、特に話したい相手ではなかったので会話に参加しなかった。

もう一人若者をホテルでピックアップし、あとは空港へ。

空港のチェックインまでガイドさんは付いてきた。
若者4人がおしゃべりしてたので、私はガイドさんと。

あそこで何分くらい待ったか聞かれて、5分くらいと答えた。
あそこで待つのは私でも怖いと言っていた。
そうなのか。。確かに酔っ払いとかいそうだしな。

しばらくして、ガイドさんが隣の列の人を気にしだした。
超有名人だという。
シンガー?って聞いたら。ミュージシャンって。

なんとブエナビスタソシアルクラブのメンバーらしい。
スマホのカメラは壊れてるから隠し撮りはできなかったけど、じっくり見ておいた。

チェックインして、ガイドさんとお別れ。
チップをあげるべきなのか迷ってたが、タイミングがなく、あげなかった。
そもそも社会主義国でチップはあるのか?

出国審査とセキュリティチェックをして、その先でお土産屋さんが開いててビックリ。
入ってみたらコーヒーがあったので、真空パックの粉コーヒーをまとめ買い。
残ったお金はUSDに両替した。

朝食は残ってたお菓子。
搭乗してからトロントまでは寝てた。

アプリを入れておけばエンターテイメントがあったことを今更知った。
トロントのセキュリティチェックではカバンにコーヒーを入れてるか確認された。
写ってる見た目的にはドラッグっぽいんだろうな。

お腹が空いたので、シリアルヨーグルトをカードで買う。
カナダ、ナチュラルのシリアルバーとかたくさんあって欲しかったけど、高いんだろうな。

搭乗してからはひたすら映画を見て、目が痛くなってから寝て、
起きたときには朝食が通り過ぎていたので、持ってきてもらったりした。

羽田に到着してからは、預けている荷物もないので、すんなり帰った。
やっぱり羽田は近くていいな。

 


2018.09.22, 15:44 / 2018.09: キューバ
帰国 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.