2018.09.19

ハバナ旧市街 3日目:クラシックカー・公園・Wifi

今日やることとして決めてたのは、
・モロ要塞
・プンタ要塞
・革命博物館の北側で見かけたチェ・ゲバラ看板探し
・Wifiを使ってみる
・お土産探し
くらい。

付随して、タクシーに乗らないといけない、両替しないと足りなくなる、といったこともある。

朝食はもう迷うことなく、ヨーグルトと揚げパン。
昨日とは違う店員さんだったが、10ペソでよかった。
やっぱり美味しかった。

9時半くらいに観光出発。
なんか近所のおじさん数名に覚えられてる。

最初に今日一番お金を使う、タクシーでモロ要塞、にチャレンジ。
海底トンネルあたりまでは歩いて行く。
そこで安い普通のタクシーを探そうと思った。

そしたらタクシー?と声をかけられた。
しかし、チャリタクシーだったので、タクシーはタクシーでもそれじゃない、、と返答に困ってた。
近づいてきて、1dayツアーとか勧めてくる。

あそこに行きたい、とモロ要塞を指さしたら、通じた。
あそこはトンネルで行くから、車のタクシーじゃないといけないよって、タクシーを探してくれた。

のはいいんだけど、クラシックカー。

cheap taxi please って、普通のタクシーを要求。
大丈夫大丈夫って感じで交渉してる。

さぁ乗って!みたいになったから、いくら?って聞いたら5CUC。
普通のタクシーと同じで安心した。

あ、往復がいいよね?って、その交渉もしてくれた。
写真撮る時間だけ停まって、往復で10CUC。
ホントは降りて中にも入りたいんだけどな〜とか思いながら、タクシー交渉は面倒なので、それでオッケーした。

なんだかんだ、クラシックカーに乗ることになった。
乗り心地は、ただの古い車(笑)

そして気づいたが、クラシックカーではあるけど、タクシーじゃなさそうだった。
それで安く乗せてくれたのかな。。ま、いっか。

海底トンネルを抜けて、カバーニャ要塞の方に停まった。
ここじゃなくてあっちに行きたい、と指さして、地図も見せる。

どうやらモロというのがカバーニャ要塞で、モロ要塞はまた別の名前で呼んでるらしい。
ともあれ、通じたので移動。

モロ要塞の前にはお土産屋さんが出てて、観光地っぽい。
写真を撮って、もう少し奥にチケット売り場があるかなと思ったが、警備員に止められた。
まだ開いてないのか、入り口じゃなかったのかわからないが、まーいいやって気分だったので、車に戻った。

すんなり元の場所に戻って、10CUCを渡してバイバイ。
ちょっと歩きながら現在地を確認。

昨日気になっていた、チェ・ゲバラの看板は無事に発見。

次はプンタ要塞。
こちらは中に入って見学。
2CUCと安いだけあって、そんなに見るとこない。

展示室のスタッフのおばさんが、私が日本人とわかるなり、チェ・ゲバラのお札とコインを持ってるか?と来た。
たぶん売るつもりだったんだろうけど、お札を持ってて満足してたので、持ってるって答えた。
スタッフしながらそういうこともするのかと、ビックリだった。

公園で缶ジュースを買って涼みながら、海沿いを歩く。
お城みたいな警察があったり、クラシックカーだらけの駐車場があったり。
木陰で風に当たりながら、のんびり休憩。

そういう時間を取れるのも、さすがに3日目。

大聖堂を見て、見落としてたことにビックリ。

途中でちょっとおしゃれなパン屋さんを見つけたので、ランチ。
CUPと併記してあったので、地元の人も来るところのようで、安い。
久しぶりに甘いパンを食べることができて、嬉しい。
コーヒーシュガーを頼んだら、ピーチコンポートがきちゃったけど、気にしない。

行こうとしてた両替所は閉まってたので、やっぱり民芸品市場。
そこへ行く途中でチュロスのかけらを食べたり、のんびり少しずつ食事してる。
市場の両替所は少し並んだけど、やっぱりあっさり順番が来るのはいい。

ついでにお土産・・・と思って探すが、あげたいものがない。
またしても、諦めた。
缶ジュースを買っただけでおしまい。
今日は何本飲むんだ?

さて次は何しよう?と考え、駅に行ってみることにした。
古い駅らしい。
駅前の公園で休憩しながら、列車が来ないか待ってみたけど来なかった。

駅周辺は、壁の落書きがなかなかのアートであることに気付き、写真を撮りまくる。
思いがけず、楽しかった。

いつもと違う道でWifiスポットまで行くことにする。
途中で中華街の門があったりして、中国人の占拠欲に呆れる。

旧国会議事堂のいつもと違う辺に、安い食べ物の店があることに、いまさら気づく。
眺めてたら、珍しく客引き。

ハンバーガーを頼んだら、中のテーブルに通された。
5CUCを渡したのだが、お釣りをくれない。
コーラいるか?とか勧めてきたのでもらった。

おじさんに英語混じりのスペイン語でいろいろ話しかけられる。
ほとんど理解できなかったが、クッキーをくれた。
たしか、トルティーカって名前だったかな。

これはダンボールにこれだけあるんだと、積んであるのを見せてくれた。
お釣りの代わりに食べさせるつもりだったんだな。

結局お釣りなしだったので、ハンバーガー、缶ジュース、クッキーで5CUCとなった。
観光客価格でも、ハンバーガー2CUC, 缶ジュース1CUC, クッキー1CUCだと思うんだけどな。。
お皿使っちゃったし、ま、いっか。

最後にお金の話になったから、さらに取るつもりか?と警戒モード。
USD 1ドルがキューバ23ってことを仕切りに言っていた。
USDを強調するから全然意味がわからなかったが、キューバ人は得って言いたかったのかな?

久しぶりにちゃんと食べた気になって、あとはWifi。
カード売りが声をかけてくるときもあるけど、なかなか会わないのでしばらく待つ。

そしたら普通のねーちゃんがWifi?って聞いてきたので購入。
ちゃんと1時間2CUCだった。

なかなか接続できず、イライラ。
やっとつながったと思ったら、一番最初がSlackの通知で萎える。

結局、つながってる間に取れた情報は、Facebookの通知とGmailのタイトルだけ。
あとはもうつながらないまま、1時間が過ぎたせいか、Connection自体がエラーで諦めた。
楽しそうに何かしてる人たちは、よくつながってるな。

16時だったので帰って、シャワーと洗濯をして休憩。

18時から夕食を探しに行く。
空が暗く、ゲリラ豪雨が来そうな感じだったので、最初に声をかけてきたところ。

ラッキーなことに、小さいピザもあって、それと薄いオレンジジュース。
それなりに満足したのでおしまい。

明日は何しようって、もう考えないでいい。
ちゃんと予約できてるか、早朝に入り口の鍵を開けられるかが心配だけど。
準備して早めに寝よう。

 


2018.09.19, 09:24 / 2018.09: キューバ
ハバナ旧市街 3日目:クラシックカー・公園・Wifi はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.