2018.06.28

ツーリストカード(キューバ)

キューバ大使館の領事部で、ツーリストカードを取得してきた。

シルバーウィークに行くつもりなので、だいぶ先ではあるが、
6月中にバースデー休暇を取得しないと消滅してしまうということもあって今日有給取得してるので。

9時半オープンで、35分に到着。
ちょうどドアを開けるところだった。

持ち物は正式な案内に書かれている通り。
・パスポート
・パスポートのコピー(写真のページ)
・振込明細票(2100円をあらかじめ振込みする。ネットバンキングの明細をプリントアウトしたもので大丈夫だった)
・申請書(正規サイトのPDFをプリントアウトし、5cm x 5cm の顔写真を貼る)
・往復航空券のコピー
・宿泊先の確認のコピー

というわけで、あらかじめ準備するものは多い。
日程を決めて航空券を取って、宿泊先を予約するところまではやらないといけない。

宿泊先は、booking.com や Airbnb などアメリカのサービスはビザ情報が必要。
ツーリストカードで入国しようとしている人は、予約ができなくなっている。
(どうやら2017年10月以降こうなったらしい)

キューバのCasa予約サイト MyCasaParticular.com を使って予約した。
情報は少ないが、地図と写真で判断。
もしどうしてもイヤなところだったら、途中で宿を変えればいっかと。

振込についても、振込先はサイトに書いてあるのだが、いくら振り込めばいいのか書いてない。
日本語のほうには書いてなくて、Espanol (スペイン語) のほうに切り替えると、
ARANCELES CONSULARES (YENES) というリンクがある。

ここの TARJETA DE TURISTA LLENA EN CONSULADO がツーリストカードっぽかった。
私は2100円から探して、該当した上記の単語を翻訳にかけてみて、という感じだった。
もちろん、現地に行けば、ちゃんと案内が書いてある。



領事部の中に入り、案内に書かれている通りに、
パスポートのコピー、申請書、航空券のコピー、宿泊先コピーをホッチキスで留め、
置いてあるクリアケースに、パスポート、振込明細票と一緒に入れて、提出。

筆記用具や糊やハサミも置いてあったので、何か忘れていても大丈夫そうではある。

提出してからも、電話対応が入ったりして、そんなにすんなりとは出てこない。
どうやら日本語ネイティブな方が一人しかいなくて、電話と窓口をやってるから、仕方ない。

(ってか、古い申請書を使ってるらしい人が、書き方がわからないという電話をしてきていて、
 話が噛み合わなくて・・・という電話が長かったので、ちゃんと最新のものをダウンロードしようね・・・)

私が先頭だったけど、30分くらい待って、ツーリストカード完成。
薄緑のツーリストカード、パスポート、領収証が返ってくる。
ツーリストカードは搭乗券サイズで、パスポートには収まりきらず、貼られてもいない。

ちなみに、提出したコピー類は戻ってこない。

さて、これで大きな準備はしてしまった。
あとは経由地であるカナダのETAを取得したりしないといけないけど。

ここまで準備したら、行かなきゃ。

 


2018.06.28, 11:26 / 2018.09: キューバ
ツーリストカード(キューバ) はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.