2016.10.30

オデッセイ

火星探査ミッションが砂嵐で中止になり、全員地球へ帰還することに。
そのとき部品が刺さって倒れたワトニーは、死んだと思われて置いて行かれた。
生き残ったワトニーは、残った酸素と食料で次の探査機が来るまで生き延びるため動き出した。

この映画のことを知ったとき、完全にムリだろうって思った。
一応ミッションを行う間の居住空間が残されていて、空気も食料もそれなりに残ってる、
そういった状況があった上でのスタートだった。

とはいえ、やっぱりムリだと思ってしまう。
自分がもし取り残されたとして、傷の手当てをして、食料と空気の残量を確認するところまではするだろう。
もちろん、その技術があったとしての話だけど。

そこから先の、作り出す部分が、もっと見たくなるくらい、ワクワクしたし考えさせられた。
知識があったとしても、何かで何かを代用するという機転が利かないといけないし、
もちろん、実行力と成功させるだけの腕がないといけない。

おもしろかった。

オデッセイ
監督:リドリー・スコット
出演者:マット・デイモン、 ジェシカ・チャステイン、 クリステン・ウィグ、 キウェテル・イジョフォー、 ジェフ・ダニエルズ、 ショーン・ビーン、 ケイト・マーラ
収録時間:142分
レンタル開始日:2016-06-03



2016.10.30, 22:53 / ☆☆☆☆☆
オデッセイ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.