2016.07.17

最西端

宮古空港で、与那国までのチェックインを済ませた。
宮古から石垣までの飛行機がプロペラ機で、荷物が棚に入らなくて焦った。
足元には置けたから何とかなったけど、ちゃんと預けようって思った。

石垣にが予定より早く到着し、乗り継ぎの方はこちらという案内に従う。
降りたそこがちょうど次の搭乗ゲートだった。

荷物を追加で預ける人がいたので、便乗して私の分も預ける。
これで一安心。

同じサイズの飛行機で、与那国に到着。

タクシーで宿まで行こうと思ってたのに、タクシーがいない。
サービスカウンターで聞いてみたら、ちょうど前の人が同じ宿らしく、路線バスを勧めたとのこと。
とりあえず追いかけろって感じだったので、行く。

行ってみたらバス停はなく、その人に聞いてみたところ、手を挙げて止めるらしい。
同じ宿の人がもうひとり増えて、三人で宿へ。

宿の1階が食堂ってことで安心してたのに、今は臨時休業らしい。
えー。

(3万年前の船を再現して西表島へ渡るプロジェクトのメンバーらしいので仕方ないが)

しかも周辺の食べ物屋さんも予約でいっぱいだから、予約した方がいいよって。
えー。

電話番号もよくわからないということで、当てにしない。

これは何もないパターンもあるな・・・と、
レンタカーの電話番号が壁に貼ってあったので、かけてみたが、すべて出払ってて無いとのこと。

仕方ないので歩いて近場の観光。

炎天下の中、最西端の碑まで歩いてみた。
汗びっしょりでグッタリ。

道すがら、Google Mapsで見て、近そうな食事処に電話。
18〜19時に1人だけならってことで、予約を受け入れてくれた!

ランチも食べ損ねていたので、助かった!

最西端の日陰でしばらく風に当たって涼む。
でも、頭痛はひどい。

寝ないと治らないやつだろうから、諦める。

途中で見つけた商店で、パンやアイスを購入。
遅いランチを軽く食べる。

しばらく部屋で涼んでいたが、頭痛は治らない。
隣の部屋からイビキが聞こえたり、音は筒抜けなようだ。

17時ごろ、もう一度散歩に出る。
久部良バリが気になったのだ。

税金対策の人減らしのために、妊婦を崖からジャンプさせた場所。
死にたくないのに死なないといけない、殺したくないのに殺さないといけない。
そういう理不尽なことに対する耐性がないので、ただ辛かった。

18時になり、食事処へ。
オリオンビール、カジキの刺身、もずくの天ぷら、どなんの水割り、カジキの骨の唐揚げ。
1時間ちょうどでいろいろいただいた。

明日の予約もしてくればよかった。

明日は海底遺跡、見れるかなー。

 


2016.07.17, 21:26 / 2016.07: 沖縄
最西端 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.