2016.03.27

彼は秘密の女ともだち

親友ローラがなくなり、その夫ダヴィッドと赤ん坊を見守ることを約束していたクレール。
ようやく悲しみから立ち直ろうと外出し、ダヴィッドの家を訪ねたら、彼は女装して子どもの面倒を見ていた。
もともと女装の趣味があり、ローラも了承済みだったという。
クレールは彼の唯一の理解者として、女装したダヴィッドとショッピングに出かけたりする。

ローラが亡くなったタイミングで知ることになったクレールは混乱する。
赤ん坊を育てないといけない立場で、女装した男性が出てくるのだから、混乱するのは仕方ないか。

女装が好きなことと、ゲイであることは違う。
でもクレールの夫ジルはTHE男という感じの人なので、単なる女装好きよりはゲイのほうが理解できるようだ。

ダヴィッドを理解したクレールは、今度は女装したダヴィッドと友達になる。
女装をしていないと別人格という扱いで、女装のほうに会えないと寂しい。

でもそれは当然男として見ているわけではなく、友達として。
だけどダヴィッドは女装をしていても女性が好きなので、クレールを女性として見てしまう。

もう何が何だかって感じだが、性別の事はいろんなパターンがあるし、難しい。

マツコとか見慣れてると、もうそんなに特別視することでもない気がしちゃうけどね。

彼は秘密の女ともだち
監督:フランソワ・オゾン
出演者:ロマン・デュリス、 アナイス・ドゥムースティエ、 ラファエル・ペルソナ
収録時間:107分
レンタル開始日:2016-02-17



2016.03.27, 18:33 / ☆☆☆
彼は秘密の女ともだち はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.