2016.03.06

あの日の声を探して

ロシアによるチェチェン侵攻を両国から描く。
ロシア側では突然、強制的に兵士にさせられた青年がいて、
チェチェン側には両親を理由なく射殺された少年がいた。

チェチェン側だけでも十分に物語になるし、ロシア側だけでも成り立つ。
どちらかというとチェチェンの少年の話が主軸ではあるが、でも、両側の話が交互に進む。

両親を目の前で殺され、弟の面倒を見切れなくて、一人で放浪する少年。
精神的に壊れ、自殺するか、人殺しを楽しむようになるかしか道がない青年。

戦争で得をする人は誰もいない。

見ている間、ずっとずっと、辛くて悲しい。
戦争なんかなくなればいいのにって、ありきたりなことが、頭を占める。

あの日の声を探して
監督:ミシェル・アザナヴィシウス
出演者:ベレニス・ベジョ、 アネット・ベニング、 マキシム・エメリヤノフ、 アブドゥル・カリム・ママツイエフ
収録時間:135分
レンタル開始日:2015-12-02



2016.03.06, 23:15 / ☆☆☆☆
あの日の声を探して はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.