2015.09.26

運命のボタン

突然玄関に届けられた箱の中には、ただボタンが入っていた。
その説明に来たスチュワートの話によると、押せば誰かが死ぬが100万ドルが手に入るという。
それを押すか押さないか、押したら何が起きるのか・・・

というわけで、押すか押さないかを迷うプロセスを描いたものだと想像していたが、違った。
っつーか、そっちのほうが絶対おもしろかったと思うんだけどなぁ。

以下、ネタバレ。

わりとあっさり押しちゃうんだけど・・・そのあっさりさがダメよねって話かな。

押した後にゾンビ映画のごとく従業員なる鼻血ヤローが襲ってくるような、出来の悪いマンガのような話。

押したらエージェントが誰かを殺しに行くならまだわかるんだけど、
誰かに言ったらタダじゃおかないぞと、違う話になってきて、
子どもを拉致して目と耳を潰す・・・って超能力モノになってる。

なんだこりゃ。

運命のボタン
監督:リチャード・ケリー
出演者:キャメロン・ディアス、 ジェームズ・マースデン、 フランク・ランジェラ、 ジェームズ・レブホーン
収録時間:115分
レンタル開始日:2010-10-22



2015.09.26, 22:21 /
運命のボタン はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.