2015.03.29

アヌラーダプラ観光

朝7時半に朝食だったけど、そこから作り始めてた^^;
コーヒー、卵、パン、フルーツ、フルーツジュースと豪華な朝食で幸せ。

IMG_1292

8時半ごろに食べ終わり、それから自転車レンタルや荷物預かりなどしてくれた。
予定では8時に出発してるはずだったけど、まぁいい。

自転車に空気を入れてくれて、大まかな道順を教えてくれて、いざ出発。
自転車で走ってる人が全然いなくてドキドキだが、
日本と同じく車線の端をいけばいいみたい。

市内を走ってる間は車が怖かったが、遺跡エリアは入れる車が制限されてるらしい。
時々大型バスが通るので怖いが、それ以外はトゥクトゥクやバイクなので気楽。

最初に到着したところに、英語の看板がなく、正しく着いたのか不安。
自転車はあっちという指示通りに停めて、中に入る。

IMG_1293

途中で靴を脱ぎ、裸足。
まだ午前中だからか、全然熱くなくて平気。

真ん中に大きな樹があって、その周りで祈ってたので、Sri Maha Bodhi とわかった。
菩提樹の分け木ということらしい。
祈る人の数や熱心さが想像以上で、写真を撮るのをためらう。

IMG_1852

次はチケットが必要なエリアに行くので、チケットオフィスを探す。
これにかなり手間取ってしまった。

3人くらいに聞いて、やっと場所がわかる人がいて安心した。
地元の人はチケットが要らないんなら、知らないのもしょうがないね。
地球の歩き方に現地語の併記がないのが痛い。(ある国のもある)

ようやくチケットを買えた頃には、暑さでヘロヘロ。
トゥクトゥクをチャーターすればよかったかなぁとか考えてしまう。

チケットのとこのおじさんが丁寧に道順を教えてくれて、その通りに進む。
大きなところしか英語の看板がないので、勘と聞いた話が頼りなのだ。

まずは、Ruwanweli Saya Dagoba ってところで、ストゥーパ。
どう見学したらいいのかわからないので、とりあえず時計回りに回ってみた。

IMG_1869

少し走って、Thuparama Dagoba という、こっちもストゥーパ。
ここまでは特にチケットをチェックされなかった。
高いんだから、もうちょっとチェックしてくれてもいいのに。

少し離れた遺跡群に向かう道で呼び止められて、チケットをチェック。
ついでに周辺の道を聞いて、自分の位置を確認しておく。

アバヤギリ博物館は、近くの Abhayagiri Dagoba からの出土品を展示。
なんとなくアンコールワットを思い出す。
大乗仏教つながり?と思ったけど、アンコールワットはヒンドゥーが強いらしいし。

この辺から、自転車で回ってる人をちらほら見かける。
でも欧米な方々でも、1,2割ってとこかな。
暑いせいか、自転車で廻るのはメジャーじゃないっぽいな。

確かに、ずっと熱中症との闘いだった。

IMG_1905

地図に載ってる遺跡以外にも、一帯に遺跡があるような場所に来た。
そうなってくると、1つ1つじっくり見なくていいかなという気になる。
とはいえ、看板が出てると気になって入ってしまうのだが。

Moonstone Site は密かすぎて、さっと見て終わってしまい、
売店でジュースを飲んでたら、向かいが Ratna Prasada だと教えてもらう。
この辺はけっこう頭痛にやられていて、どう冷ますかしか考えてなかったな。。

というわけで、Abayagiri Dagoba でアイスを食べて、
日本語に興味があるという青年に付きまとわれつつ、Samadhi Buddha Statue。

IMG_1927

IMG_1933

自分だったら入場料が高いシーギリヤなんて行かずにあそこ行くのに!
みたいな話を英語で延々とされてめんどくさくなったので、途中から無視。
同じ方向だからと言って付いてきたのに、来た道を戻っていった。
やっぱりガイド料目当てだったのかな。

Twin Ponds をチラ見しつつ、Jatavana Ramaya を目指す。
そこで帽子を売ってる屋台があったので、買ってみる。
そう、今回の失敗は、こんなに日射しが強いと思ってなかったこと。

13~14時頃にホテルに戻るつもりだったが、もういい時間。
ここで最後だと決めて、ちゃんと上がって見て廻る。

今まで通り、靴を脱ぎ、靴下も脱いで上がってみたけど、熱い!
階段を上がってしまって日陰を探すが、日陰ゼロ!

足裏を守るため、思わず座り込んでしまった。
スリランカ人たちに笑われてしまった^^
ジーパンだったので座るのはかろうじて平気で、靴下を履く。
もう大丈夫になった?って、また笑ってた。

IMG_1943

スリランカ人も熱がってたので、慣れてない観光客が熱いのは当然。
確かに、他の観光客たちは靴下を履いていたわ。

ここで昨日の中国人の子がいたが、私に気づいたらすぐに隠れてしまった。
なんかイヤな思いをさせたんだったら申し訳ない。
でも同部屋に泊まるのを断ったことは後悔してないけどね。

暑さと熱さでヘロヘロになったとこで、帰り道を探す。
売店の子たちに、Sri Maha Bodhi までの道を教えてもらう。

ちょっと遠回りになっちゃたけど、無事に朝来た道に戻ることができた。
遺跡エリアを出てからは、車の大群が怖い。
でも迷うことなく、ホテルまでノンストップで帰れた。

ホテルでは疲れ果てた姿を見て、フルーツジュースを作ってくれた。
トイレを借りて、少し着替えて、サヨナラ。
非常に良いホテルだったので、レビュー出そう。

トゥクトゥクでオールド・バスターミナルまでつれてってもらい、
エアコン有りか無しか聞かれたので、当然有りを選んだ。

IMG_1296

1時間半ほど涼みながらウトウトして、(とはいえ車内は 31℃40%)
ダンブッラに着いたときにもちゃんと教えてくれて、問題なく中継地点。

そこからシーギリヤ行きのバスは、エアコン無しだけど、
近くで降りるお母さんがわざわざ席を空けて、私に座らせてくれた。
子ども2人と一緒に3人で、2人がけの席を使わせてもらっちゃった。

スリランカ人のおもてなし精神。

そして車掌さんも、シーギリヤでホテル予約してる?どこ?って確認して、
ホテルの真ん前で降ろしてくれた。

おもてなし。

予約していたホテルは、小さなコテージがいっぱいで、見た目にワクワク。
でもスタッフばっかりたくさんいて、他の客はいないようだった。
雨が降ってきちゃったのが残念ではあるけど、少し涼しくなるかな。

IMG_1298

町に行くのは遠そうなので、夕食をお願いして、
できるまでにシャワーを浴びて、悲惨な日焼けを目の当たりにして、
蚊を払いながらココナッツ風味のチキンやポテトをいただいた。

IMG_1305

蚊帳の中で蚊を3匹ほどやっつけて、天下を取った蚊帳の中でリラックス。
Wifiがすぐに切れちゃうので、マトモには使えない。

IMG_1302
 


2015.03.29, 00:28 / 2015.03-04: スリランカ
アヌラーダプラ観光 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.