2014.12.31

バリ島散策

予定では徒歩とか自転車でいろいろ廻るつもりだったが、
ウブドの中心部まで車で30分と言われたので、諦める。

実際には車で10分くらいだったけど、確かに歩くのは遠い距離。
地図で見ても10km近くあるか。
DeNAトラベル、ウブドの検索結果にこれ出すなよ~。

朝食をゆっくり食べてたら、昨日の夜にいたファミリーが現れた。
英語を話せるスタッフさんも現れて、今日の予定を聞かれる。
ノープランだけどホテルの外には出たいと言ったら、ツアーを勧めてくる。

ガイドブックを持ってくる!って待ってもらう。
その間に知り合いのドライバーに連絡をとったらしいが、誰も空いてないって。
事前に予約しておかないとタクシーもないみたい。
仕方がないので別のグループと一緒に行動する?と。

2家族で車2台使うところがあって、そこに混ぜてもらうことに。
絵画、民族舞踊、バトゥール火山を見る予定だと言われた。
ウブド関係なくなっちゃったけど、この際仕方ない。

絵画のところは休みのところを無理矢理開けてもらってた。
バリっぽいものから、誰かの肖像画、裸婦像など近代絵画が中心。
奥様方がなかなか出てこないな~と思ってたら、絵を買ってた。。

2家族とも中国系のインドネシア人で、ジャカルタ在住らしい。
年末年始の休みでバリに家族旅行というのは、東京在住で沖縄旅行みたいな?
でもきっと金持ちなんだろうな。

と思ってたら、民族舞踊はチケットが高いのでキャンセルしたいと。
金銭感覚があるようで安心した。

ちょっと離れたバトゥール火山まで、1時間くらいかけて向かう。
最初は靄の中だったので、山と湖しかわからなかった。

でも皆さんがペイントタトゥーをやってる間に、展示してある解説を読んで、
カルデラの中に山と湖があることがわかって、ようやくオォ!って。
全然予定になかったけど、世界遺産のバトゥール湖、見れてよかった。

湖畔のバフェ式レストランでランチ。
外国人もインドネシア人も同じ値段なんだって。
ひととおり少しずつ取ったけど、もう目新しさがなかったな。

どうやら私をツアーに混ぜてくれたのは、子どもたちの勉強のためらしい。
お父さんは子どもたちに、しきりに私と英語で話すように言ってたが、
子どもたちは恥ずかしいからヤダって。
やっぱり子供の英語教育には力を入れてるようだ。

インドネシア人のご家族は値段を聞かされてなかったらしく、高いって驚いてた。
私はお金がないから両替所に行ってくれって言ったからか、教えてくれた。

今日のメインは終わっちゃったかな~って思ってたら、
そのあとしばらく移動して、また止まる。

キレイな棚田!
今日でいちばんテンション上がったかも。
棚田はかなり見たかったので、またまたラッキー。

あとはウブドに戻っておしまいって。

解散かと思ったら、モンキーフォレストに入りたければ入ろうということに。
まだ両替所に連れてってくれてなかったのでお金を借りて、入る。

そんなに大きなところじゃなかったけど、モンキーはいっぱい。
種類は日本とは違うやつだけど、一種類かな。

奥の滝に続く道にある巨大な樹木が、ものすごくカッコよかった。
個人的には猿よりも印象に残ってる。

ここもゆっくり見て、やっと両替所に寄ってもらって、
年越しのためにお酒などが売ってるスーパーに寄ってくれて、
あら年越しなのか?って気分を思い出したけど、ソフトドリンクとお菓子。

ウブドに泊まってる意味が今のところ全然ないけど、
何回もウブドは通過して雰囲気はわかった。

インドネシア人のご家族は、私がなぜこのホテルを選んだか推測してて、
東京の人だから周りに何もないほうがよかったんだろうって。
確かに、正解。

ツアーから戻ってきたら、プールに地元民っぽい若い男性の集団がいる。
昨晩の様子は知らないけど、賑やかになりそうな気配である。

 


2014.12.31, 20:47 / 日々所感
バリ島散策 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.