2014.12.20

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

高校を中退してNEETだったマ男は、母親が事故死したのをキッカケに働こうと決心する。
家でゲームばかり作っていたためプログラミングの知識自体はあったが、中卒なのでどこも雇ってくれず、
拾ってくれたのは小さなIT会社1つだけだった。

そして、そこがブラック企業だった。

ということで、今もああいう会社があるのかわからないけど、一時はIT業界ってああいうイメージが濃かったな。

最初に入社した会社があれだったら、確かに頑張ってしまうかもしれないが、
2社目以降だったら、すぐに辞める!というか、そもそも入社しないわ。

学歴重視の会社ばかりでは、最初の会社があれなのはしょうがないし、転職できないのもしょうがないけど、
今は学歴じゃなくて実力を見る会社も増えてるから、作品を持っていけば、それなりのところで働けるだろう。

そもそも学歴だけで判断するのって、日本とか韓国とか一部の国の特徴だったりしないのかな。
まぁそんなことは、今だからこそ考えが及ぶことであって、新卒のときには考えてなかったけど。

この会社も、自称リーダーの男と、ガンダム男さえいなければ、
足を引っ張る奴もいなくなるし、気持ちを下げるやつもいなくなるわけで、だいぶマトモな会社になりそう。
そういう奴が辞めないこと、そういう奴を辞めさせられないことが問題なんだよな。

何が限界を超えさせた原因だったのか、ってのは、ちょっと深かった。
精神的な支えというのは重要。
この場合、精神的なだけじゃなくて、実力的にも、体力的にも、全ての支えかな。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
監督:佐藤祐市
出演者:小池徹平、 マイコ、 品川祐、 田辺誠一
収録時間:104分
レンタル開始日:2010-04-23



2014.12.20, 11:45 / ☆☆☆
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.