2014.11.01

ラスベガス、闇の子供たち

不妊治療で体外受精を受ける人達。
通常は3割いれば良いほうという成功率なのに、ある日に受精した人が9割という高確率で妊娠した。
しかし、生まれてきた赤ちゃんは皆そっくりの顔をしていたため、謎を解明することに・・・

結果を知っても、なんか納得がいかず、スッキリしない。

ここからネタバレ入るけど、

あれだけ似てるんだったら両親とも同じかと想像してたのに、父親だけかい。
ずさんな管理体制と、異常に強い生殖能力、ゲイのカップル。
これらが生み出した偶然。

男性側はちょっと可哀想ではあるけど、
子どもを授かりたいという希望は叶えられたわけで、
一概に非難もできないといったところか。

ラスベガス、闇の子供たち
監督:マリー・マクガキン
出演者:ジェニファー・ティリー、 アンディ・マクダウェル、 ジェラルディン・チャップリン、 エリザベス・マクガヴァン、 コルム・フィオール
収録時間:105分
レンタル開始日:2010-09-08



2014.11.01, 16:24 / ☆☆☆
ラスベガス、闇の子供たち はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.