2014.04.26

こども展

六本木ヒルズでやってる『こども展』を見に行った。

子どもが描いた絵ではなく、画家が描いた子ども。
19世紀の絵が中心で、モネやピカソなど錚々たる顔ぶれ。

昔は写真が一般的じゃないから、子どもの姿を世に残す方法は絵画。
そう思うと、画家が自分の子どもを描くのは、親バカとも言え、微笑ましくもある。

しかし、子どもの側からしてみれば、モデルになるということは苦痛でもあったらしい。
学校が休めたことが嬉しかったとかいう感想もあったけど。

画家の子や孫がまだ生きていて、映像でそういう話をしていたのが、
絵画の時代と今がつながった気がして、興味深かった。

写真ができてからも、写真は一般人向けで、絵画は富裕層のみができる贅沢という扱いだったらしい。
ドレスアップした子どもが多く描かれているのはそういう事情もあるようだ。

自分に子どもができたら、絵画で残してみようと思うかな。
やってみたいな。


2014.04.26, 21:14 / お出かけ
こども展 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.