2014.03.30

ずっとあなたを愛してる

ジュリエットは15年の刑期を終えて出所し、歳の離れた妹レアの一家の元へ身を寄せる。
実際にどんな罪を犯したのか、ジュリエットは全く話さないので、レア一家とも距離がある。
だが、レアの養子プチリスがジュリエットになついたことで、徐々に心を開いていく。

どんな罪を犯したのかが隠されたまま、ストーリーが進んでいく。

ストーリー序盤では、そもそもジュリエットがなぜ15年もレア一家に会わなかったのかが隠される。
そして、それが明かされた後は、どんな罪を犯したのかをレア一家と共に推測しながら見ることになる。
ずっとモヤモヤするし、少しイライラもする。

最後にそれが明かされても、具体的ではないので、モヤモヤは残る。
このモヤモヤ感が、あぁフランス映画だなぁと実感させる。

医者だったジュリエットが安楽死を選択するほどの病気とは、何だったんだろう?
それがわからないと、しょうがないよね、とも思えず。

ずっとあなたを愛してる
監督:フィリップ・クローデル
出演者:クリスティン・スコット・トーマス、 エルザ・ジルベルスタイン、 セルジュ・アザナヴィシウス、 ロラン・グレヴィル
収録時間:117分
レンタル開始日:2010-09-09



2014.03.30, 10:52 / ☆☆☆
ずっとあなたを愛してる はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.