2013.12.31

トレド

日帰りでトレドに行ってきた。
古都トレドはマドリードの前に政治や経済の中心だったらしい。

そして、画家エル・グレコがギリシャから移住して活動していた拠点でもある。
でも、エル・グレコ博物館は月曜休館らしくて残念。

9:20 の電車を予約してあったので、8時頃に駅に向かう。

20131222-spain-1106

時間を余らせたのは、駅で朝ごはんを食べるため。
電光掲示板を確認しても、まだプラットフォームも決まってないので、ゆっくり朝食。

カフェって、メニューから選ぶと、あんまり種類がないのかもしれない。
メニューにコーヒーとか定番のものは書いてない気がする。

私の定番であるカフェ・コン・レチェに、トースターデを頼んで、ドス・シンクエンタだった。
覚えた単語だけですっきり通った。

でも、注文を受けてくれたお姉さんが、パンをトースターにかけたまま、どっかいなくなってしまった。
別の人をつかまえ、トーストを頼んだけどまだもらってないと、ほぼジェスチャーで伝える。
予想通り、さっき入れたパンは黒焦げになってて、別のパンを焼いてくれた。

今度のトッピングは選ばせてもらって、トマトペーストじゃなくて、イチゴジャムとマーガリン。
こっちのほうが好きだわ。

20131222-spain-1112

9時を過ぎて、駅の店が開き始めた。
アトーチャ駅はかなり大きいからか、空港のようにいろんな店が入ってる。

雑貨屋で、イラスト風のカバンを見かけて欲しくなり、値段を見たら 26ユーロ。
とりあえず、まだトレドに向かう前なので、買わなかった。
(あとでネットで検索したら日本でも似たのは買えるが使い勝手が微妙かも?)

もう一度確認したら、プラットフォームが決まってたので、荷物検査へ向かう。

20131222-spain-1113

ホームが2階に分かれてるが、検査口の前でチケットを確認してる人に聞いたら合ってた。

荷物検査をして、ホームの入り口でチケットをチェック。
車両番号と座席番号を確認して、座る。
日本人がけっこう多い気がする。

20131222-spain-1114

30分ほどでトレド駅に到着。
駅で地図を売ってたので、2ユーロで買ってしまう。
町の広場まで辿り着ければもらえたみたいだけど、不安解消のためだ。

20131222-spain-1118
 
20131222-spain-1119

今日の目標は、カテドラルと、トレドの全景。
ここは三方を河に囲まれてるので、その風景が良さそうなのだ。

20131222-spain-1122
 
20131222-spain-1124

かなりマドリードよりも寒かったと思う。
手はすぐにかじかむし、霜が降りてて、地面は凍ってる。

20131222-spain-1126

遠景はきっと昼くらいのほうがキレイに見えるだろうと思って、まずはカテドラル。

20131222-spain-1134

町は道がくねくねしていて、わかりにくい。
ちょっと迷って、カテドラルに到着し、向かいのショップでチケットを買う。
音声ガイドも料金に含まれていたが、日本語がないので、英語を借りる。

20131222-spain-1135

カテドラルに入ったら、やっぱり大きい。
でも、どこかで見たような・・・と思ってしまったのも事実。
さすがに、さほど代わり映えのするものでもないか。

20131222-spain-1143

音声ガイドを聞き流しながら、ゆっくり見学。
左とか右とか言ってるけど、どっちの方向の説明をしてるのかわからなかったし・・・。

20131222-spain-1150
 
20131222-spain-1164

カテドラルを出たら、もう12時近くになっていて、思ったより時間が経っていた。

20131222-spain-1201

次は、パラドールに行って、そこから町を見下ろしたい。
バス乗り場に行くと、目的の 71番バスは 40分後という表示。

20131222-spain-1202

20分くらい散歩して戻ってきたら、33分後という表示。
なんかおかしいなーと思って、インフォメーションでパラドールに行きたいと言ってみる。

やっぱりバスを勧められ、毎時45分発だと教えてくれた。
10分前くらいからバス停で待ってみた。

時々、時間の表示が狂うみたいで、それを無視すれば良いようだった。
ちゃんと時間どおりにバスはやってきた。
1.40ユーロ。

バスの窓が汚れてて残念だったが、途中の景色が良くて、来て正解だと思った。
写真を撮りたいな~って思ってたら、バスが停車。

どうやら 10分ほどで着いたようだ。
運転手さんが、ここがパラドールだよ、降りたらあっちの道だよって教えてくれた。

道路を渡って、少し坂を登ったら、パラドールがあった。
パラドールに行くまでの道も景色が良い。

20131222-spain-1208

景色がよく見えるところにカフェがある。
コーヒーを外で飲みたいという注文をしたので、景色目当てだとわかるだろう。
コーヒーを飲み、外に出て写真を撮ったりして大満足。

20131222-spain-1214
 
20131222-spain-1220

高級ホテルのカフェだから、コーヒーも5ユーロくらいするのかとビビってたが、2ユーロ弱だった。

さて帰ろうと思ったが、バス停がわからない。
そもそも降ろしてもらった場所が、バス停じゃない気がする。

少し周辺を歩いてみたけど、さすがに車で10分の距離なので、歩いて帰るのは厳しそう。
諦めて、ホテルにいたタクシーに、地図を見せてこの辺に行きたいってお願いして帰ってきた。
4.85ユーロということで、思ったよりかからなくてよかった。

帰りの電車まで1時間ちょっとあったので、あとは景色を見て回る。
バスから城壁のようなのが見えて、いいな~と思ってたので、そういうところを見たり。

20131222-spain-1233

あとは電車の時間に合わせて駅に戻るだけだ!と歩いてたら、顔に何か落ちてきた。
触ったら、緑の固形と白い液体が混ざったモノ・・・。

ショーック!

運がついてラッキーなんて気分でもなく、慌ててティッシュでキレイに拭く。
幸い痕もニオイも残らなかったけど、ショック。

あとはマザパンというお菓子が気になってたので、小さい箱で購入。
お土産か自分で食べるかは、賞味期限次第かな。

15時過ぎくらいに駅に戻る。

20131222-spain-1257

ホームに行ったら荷物検査の大行列。
けっこう皆さん早くから準備するのねと感心。

やっぱり電車で30分という距離は近くていいね。
あっさりとマドリードに戻ってきてしまった。


2013.12.31, 04:23 / 2013.12: スペイン
トレド はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.