2019.10.05

涸沢で紅葉

早朝、バスが上高地に到着。インフォメーションセンター内で装備を整えてから出発。朝食はバスで食べておいたので、5時半に出発できた。
道幅が広いので渋滞はしてないが、かなりの人数が歩いてる。たくさん抜かして、たくさん抜かされた。
一度明神でカメラバッグの揺れを抑えるためにベルトに通した以外、ほとんど休憩せずに横尾まで到着。まだ8時くらい。
トイレ休憩と朝食の残りを食べて、涸沢へGO。横尾から涸沢まで、ほとんど渋滞してた。最初の渋滞は、クラブツーリズムの大群待ち。そのあとは、けっこうハイペースで歩いてたのに、ずっと渋滞。
後半の坂は疲れたので、時々から抜けて休憩したが、列に戻ったらまた渋滞だった。
途中から紅葉が見えて、テンション上がる。写真休憩したり、歩いたりで、10時半に到着。
テントの受付は12時半からだったので、テントを張って待つ。連泊の人も多そうで、コンパネはもうなくなっていた。
行動食で軽くランチ。あとはジュース買ったり、トイレ行ったり、水くんだり。
テントの受付では、パノラマコースは危険だけど大丈夫か?と脅された。大丈夫なはずだけど、絶対はないからなぁ。
やることやったので、カメラを持って散歩。奥穂高岳に登る入り口まで行って撮ったり、パノラマコースの出だしの見晴らしがいいところで撮ったり。
そこはけっこう人が溜まってて、パノラマコースに行くかどうか迷ってるおじさんとおしゃべり。小屋で買ったという手書きイラストの地図を見せてくれた。
最初の1時間が岩で危険みたい。登ってきた方々も、けっこう疲れてた。行きたいな~。
そのあと、カメラ持った人が溜まってたという池まで一緒に行き、小屋におでんを食べに行くというのでバイバイ。
私はテントに戻って、メスティンで炊飯。家でやったときと違って、かなり吹きこぼれてた。
ちゃんと蒸らしてから開けたけど、べちゃべちゃ。半分はちゃんと炊けてて、もう半分は芯が残ってた。一応食べられるレベルではあったけど、悔しいなぁ。
テント場は大混雑、トイレも小屋と共同だし大混雑。サンセットは見えないし、日が落ちたらやることなく、19時前なのにもう寝ようとしている。
小屋で見た天気予報だと、明日は朝だけ晴れマーク。サンライズを見たらすぐに出発しようかな。4時から着替えて、5時からテント片付けるか。


2019.10.05, 18:31 / ハイキング登山