2019.08.23

2日目

もともとの予定では黒岳だった日。
雨の予報で中止して、観光(?)の日になったわけだが、特に予定はない。

どこか行きたい場所・・・ということで、朝は旭川ラーメン青葉。
朝からラーメンなんて食べられないよ・・・と、私は全然乗り気じゃなくて申し訳ない。
でもまぁせっかく行ったんだし・・・と思って、1番人気の醤油ラーメン。

店のおばあちゃんとか上品でおしゃれで親切で、雰囲気よかったし、
他のスタッフさんも気さくで雰囲気がよくて、美味しくいただけた。

車に戻って、イライラしてた自分がイヤだったので、頭痛薬を飲んだ。
それでもしばらく頭痛は治らなかったけど。。

次は、メンバーが空港で見かけて気になったというササキ工芸に行くことに。

Google maps を見て行った場所は工房で、
販売をしてるのは別の場所だったらしく、社員さんが車を先導してくれた。

そしてたどり着いたクラフト館、よかった。
木工細工なので、どれもこれも高いのだけど、綺麗で、作りたかった。
もう一度人生があるのなら、こういう道を目指したかった。

1つ、コインケースが気に入ったんだけど、表面に星座占いとか書いてあって残念。
あれが無地の木目とかだったら、買ってたんだけどなー。

次は、まだ雨が降ってなかったので、宿に行く途中の看板で見た嵐山展望台。
そこに行く途中に、お昼でも買っていくかーということになり、
王様のパンというところを見たけど、あんまりパンの種類がなく断念。

先に嵐山展望台に行って、帰りにカフェに行くことに。

そして嵐山展望台。
車は1台もなく、貸切状態。

山も、雲がかかってるけど、見えた。

しばらく山の方を眺めながら、あれはどこだとか、いろいろおしゃべり。
予報では完全に雨だったのに、雨が降ってないの、すごいよな。
寒くなってきたので撤収。

ランチは、Bellous Field Beach というところ。
おしゃれなカフェに並ばずに入れて、しかも中も空いてるって、すごいな。
東京だったら並びすぎてて入るのも諦めるような店だと思う。

まだ朝のラーメンでおなかいっぱいだったので、ハンバーガーの気分ではなく、
デザートのつもりで、ミックスフルーツパンケーキ。

生クリームどっさり、メープルシロップもあり、フルーツもたっぷりな、パンケーキ。
ま、生クリームはなくてもよかったけど、もったいないから全部つけちゃった。
久しぶりに体重増えちゃうかな・・・

みんなはハンバーガー食べてた。
そちらもお腹が空いてたら、食べたかった。
美味しそうだった。

食べ終わって、外は雨。
もう、このあとは旭川駅に戻って、みんなとは一足先にお別れ。
みんなはこの後、札幌に行ってから解散するのだ。

2日間、なんだか駆け抜けた感じで、あっという間だった。
こっちのメンバーと一緒にいる間は、仕事のメンバーのことは忘れる。
そういうつながり、大事にしていきたい。

次はいつかな。

再びワイズホテルにチェックイン。

明日の特急のチケットを受け取ってきて、
今日の夜・明日の朝・その次と次の朝の食料を確保し、
シャワー浴びて、洗濯をして、おしまい。


2019.08.23

旭川の夜

晩御飯はどうする?ってので、
北海道に友達のいる人がオススメを集めたりして、いくつか候補が出てくる。

まずは、山小屋に寝なくなったので急遽予約したAirbnbの家に行く。
近くまで行って、どの部屋か探していたら、ちょうどオーナーさんと遭遇してラッキー。

で、車を止めて、部屋に行く。
一足先に部屋に行ったメンバーが、微妙な反応で案内してくれる。
どうやら古いとかカビ臭いとか、そういう感じらしい。

で、部屋に入ってみたら、思ったより狭いという印象。
前の札幌の部屋もボロアパートだったので、私は免疫があるようで、
そんなにカビ臭いとか古いとか、そういう印象はなかった。
やっぱり、写真は良く撮ってるんだな。

でも、安さ最優先で選んだ場所だったので、そう文句は言えない。
値段相応、といえば、そうなのだ。

そして、オーナーさんの頑張りが垣間みえてしまうのが、文句言えないポイント。
ボロくてすみません、というメモと共に、お菓子とお茶が用意してあったり、
備品は急遽買ったであろう、安い新品が多い。

ここは寝るだけの場所、ということで、お風呂も外に行かなきゃ、となる。
私は大浴場系には行けないタイミングだったので、その間は待つから大丈夫と伝える。

そして、夕食とお風呂を一緒に中心街で済ませてから、
タクシーとかで帰ってきてすぐ寝よう、ということになった。

最初の食事は、結局、まずは馬場ホルモンに行くことになった。
昨日行った馬場ホルモンを北海道の人にもオススメされたり、
今日合流したメンバーが気になったりしてたのだ。

みんな飲むということで車は置いて、歩いて行くことに。

30分歩いて、馬場ホルモンに到着。
早い時間だからか空いてて、待たずに4人入ることができた。

ホルモン4人前と、玉ねぎ、そしてサッポロビールクラシック。
まったり4人でおしゃべりしながら、ホルモンをつつく。
やっぱり塩加減がちょうどよく、玉ねぎも美味しかった。

2人前だけおかわりして、トータル2時間くらい過ごした。
美味しかったし、安かったし、良い店だ。

次の店も、オススメから選んで天金という居酒屋。
もうけっこうお腹いっぱいだったけど、食べたいものを食べる。
じゃがバター、卵焼き、つぶ貝、ししゃも、などなど。

もともとお腹いっぱいだったところに、詰め込んだ(笑)

まだ22時ということで、3軒目行く?と探して歩く。
だけど、全員お腹いっぱいなこともあり、軽い店が見つからない。

コンビニでお酒を買って、歩きながら飲みながら帰ろうということになる。
だけど、歩きながら飲むのは難しいので、結局持ち帰り、家で飲む。
そこで1人寝て、私は2人目として落ちた。

旭岳も、夜の時間も、楽しい日だった。


2019.08.23

旭岳

旭岳ピストンだから、車で行くことになった。

朝4時にメンバー間のLINEがあって、その音で起きた。
寝落ちして完了してなかった昨晩の仕事を終わらせ、
買っておいたパンを食べて、朝6時半ごろに外に出たところで、他のメンバーと偶然合流。

コンビニでお昼ごはんを買って、車に乗せてもらって、ここから4人。
5年前のケニア・タンザニア、その後に1回は会ったけど、
しばらく会えてなかったメンバーが今回の北海道メンバーなわけだが、
見た目には全然変わってなかったし、話してると、こういう話し方だったなと思い出す。

1時間ちょっとで旭岳の麓のロープウェイ乗り場に着き、駐車場はガラガラ。
そこからロープウェイに乗って4.5合目くらいまで行く。

曇り空で、そんなに景色はよくないけど、雨じゃないだけマシ。
準備をして、ゆっくり出発。
まだぎこちない。

ロープウェイ駅周辺は木道の散策路になっていて、登山をしない人も多い。
しばらくはそういう道を歩いて、周囲の花など見て歩く。
足元は岩のところもあって、そういうところは歩きにくい。

石室を過ぎてから、登山道。
そこからは傾斜のある道。

ただ、単調に登っていくだけで、森林限界も超えてるので道もわかりやすい。
足元は大きな岩の道があり、小石の道があり、歩きやすいわけではない。

ゆっくり歩いてくれてたと思うが、けっこう息が上がった。

何合目という標識があって、その度に休憩時間にしてくれて、おしゃべり。
だんだんと、一緒にいる時間を思い出して、なじんできた。

噴煙が近くに見えたり、でも硫黄の臭いはしなかったり。
噴火で削られた急斜面を見たり、遠くの白いのは雪か石か悩んだり。
周辺の景色を楽しみ、おしゃべりしながら登っていく。

8合目を過ぎたあたりから視界が悪くなり、
9合目を過ぎると、土と小石の滑りやすい斜面となり、ちょっと怖い。

でも、そこを過ぎたら、頂上!!

真っ白で何も見えない。
そして寒い。

けっこう雲が動いているのはわかったので、しばらく頂上で過ごす。
写真を撮ったり、昼食をかじったり。

そして、一瞬だけ、真上に青空が見えて、また写真タイム。

それが終わって、下山。

最初の砂利道が滑るので怖くて、恐る恐るゆっくり降りた。
その後も、滑りそうな道はあったけど、膝を痛めない程度のスピードで降りた。
当然いちばん遅かったけど、ところどころ待っててくれたのでよかった。

一旦ロープウェイ駅まで戻って、トイレ休憩をしてから、
最後に池をめぐってハイキング。

もう登山が終わって気も緩み、いろいろおしゃべりしながら、
ガイドのように花の説明などをしてくれるメンバーがいて、楽しかった。

ロープウェイでまた下山。

旭川までまた車で移動。