2019.08.31

ボルダリング

まだ近場のボルダリングジムを探し中。
先々週行ったバナナズーリはいまいちだったので、今日は藤沢のウォーリー。

1ST WALLY BOULDERING

藤沢には江ノ電で行けるので、なんとなく楽しい気分になる。
でも、行きはよかったけど、帰りは激混みだったな。
自転車も停められるようだったので、道が分かればそっちもチャレンジしたい。

1階が登るところで、2階に更衣室・トイレ・洗面所・ストレッチスペース。
壁はざっくり5面ほどあって、2面と3面に分かれていた。

アルファベットで書かれたルートが手足自由。
あとは7級(?)から1段までの色テープの課題があって、そっちがメイン。

5級をメインでやってて、登れた課題が5つ、登れなかったのも同じくらい。
ちょっと届かない課題がちょこちょこあったので、そういうのはイヤ。
でも、まぁ、それほど悪い課題ではないか。

壁にびっしりルートが設定されているので、
最初にしっかりオブザベしないと迷ってる間に疲れて落ちる。

常連っぽい人がほとんどだったけど、落ち着いた雰囲気でよかった。
このジムはまた行くかな。
でも毎週ここって感じじゃないな。

ちなみに、藤沢はドンキホーテ、ユニクロ、無印良品、セリア、DAISOなどあって、
私の買い物には十分使える場所だった。


2019.08.31, 16:17 / ボルダリング
2019.08.30

利尻山 振り返り

結構早いかと思ったけど、登りでトータル1時間くらい短縮しただけで、
下りはコースタイム通りだったんだな。

5:04 鴛泊登山口
5:12 甘露泉水 (0:08, CT0:15)
6:21 6合目 第一見晴台 (1:09, CT1:40)
7:06 第二見晴台 (0:45, CT1:10)
7:20 8合目 長官山 (0:14, CT0:15)
7:33 避難小屋 (0:13, CT0:15)
7:57 9合目 (0:24, CT0:30)
8:43 利尻山頂上 着 (0:46, CT1:00)
8:48 利尻山頂上 発
9:38 9合目 (0:50, CT0:45)
10:00 避難小屋 (0:22, CT0:20)
10:11 8合目 長官山 (0:11, CT0:15)
10:23 第二見晴台 (0:12, CT0:10)
11:04 6.5合目 トイレ着
11:13 6.5合目 トイレ発
11:17 6合目 第一見晴台 (0:45, CT0:50)
12:25 甘露泉水 (1:08, CT1:10)
12:39 鴛泊登山口 (0:14, CT0:15)

簡単に見えて意外と歩きにくいと脅されていただけに、ちゃんと歩けてよかった。


2019.08.30

旭岳 振り返り

大雪山の主峰ということで、旭岳も百名山だった。

8:31 ロープウェイ姿見駅 発
8:50 旭岳石室 着 (0:19, CT0:15)
8:53 旭岳石室 発
10:34 旭岳山頂 着 (1:41, CT2:30)
11:00? 旭岳山頂 発
12:25 旭岳石室
...
一旦、姿見駅まで戻ってトイレ休憩してから、
一周30分という散策コースをおしゃべりしながらゆっくり歩いた。

やっぱり縦走しないとなると、けっこう短時間。
頂上で展望がなかったのは残念だけど、
途中では噴煙とか池とか避難小屋とか見えたので、なかなか楽しかった。

みんな歩くの速かったなー。

ちなみに、旭岳はロープウェイから上には熊は来ないらしい。
逆に、ロープウェイを使わないで登る場合は熊に注意しないといけないらしい。

2019.08.30

集中

残念ながら、旅の途中で仕事をしてるよりも、
旅が終わってから、家で仕事をしてるほうが遥かに捗る。
会社だと、集中力が切れてしまってダメだったけど。

というわけで、今日は夜に副業のほうをやろうかと、
朝から本業に集中してたのだか、副業のほうのタスクがストップになったので無し。
結局、ずっと本業のほうに集中し続けられたのであった。

やることいっぱい。


2019.08.30, 00:06 / 日々所感
2019.08.29

出社

印鑑証明と実印が必要ということで、印鑑証明をとってから出社。
豪雨だったので、レインシューズを履いてったけど、途中から雨あがってた。。

普通に仕事して、夜は長期で東京出張に来てる人の歓迎会。
今度はオフィスで餃子。

なんだか楽しかった。
この会社、もっと良くしていきたいなって思った。



2019.08.29, 00:50 / E社
2019.08.29

最終日

昨日8/27のこと。
ゲストハウス、寝たのが早かったので起きたのも早く、何度か寝た。
7時過ぎ、朝食を買いにセイコーマートへ。

ようかんパンとソフトカツゲンを買って、最後まで北海道。

ゲストハウス1階のフリースペースで食べて、そのままPCを開く。
8時からのSlack上のミーティングを眺めてから仕事をして、
9時半にチェックアウトのため、荷物を取りに行く。

そう、この日は移動日。
特に観光すべきところはもうなさそうなので、落ち着ける場所だったら仕事する日。

10時チェックアウトなので、その少し前に出る。
10時オープンの店で行きたいところがあったが、まだ早かったので駅で時間を潰す。
大きい荷物はコインロッカーに預けて、身軽になる。

行きたかった ノーザンノース に行こうとしたところで、鹿に遭遇。
今まで見たことがないくらい、角が立派で、思わず写真。
自転車で通りすがってたおっちゃんも、ケータイで写真を撮って、すごいなーって。

鹿が気になりつつ、ノーザンノースへ。
10時にオープンしたてで、まだ掃除とかしてたけど、中を一通り見た。
山のものが中心で、アウトドア系の装備やギアが一通り揃ってる。
閑散とした街で、これだけのものがそろうならいいな、と思える品揃えだった。

外に出て、やっぱり鹿が気になる。
ちょうど道路を渡って、商店街のほうに来たところで、また写真。
いやー、イベントのない日だと思ってただけに、嬉しかった。

駅に戻って、電源のある場所で仕事。
そして、旭川行きの特急列車で、4時間弱かけて旭川へ。
やっぱり途中で電波のない地域があり、その間に寝てしまったりした。

旭川に戻って、ああ都会、と実感。
札幌なんてホント大都会だったんだな。

お土産を見たけど、いまいちピンと来ず、そのままバス。
1時間ほどバスに乗って、旭川空港。

ここで会社へのお土産を買って、カバンに入らなくて誤算。
荷物が増えちゃったけど、そのまま家へと持って帰ったのであった。


2019.08.26

稚内観光

朝4時半に起きて、利尻岳の頂上まで見えないか、障子全開で待機。
だんだんと雲が取れてきて、6時ごろにはすっかり晴れ。
今日登りたかったーと悔しい。

7時半にチェックアウトして、8時半のフェリーで稚内へ。
フェリーの中では結構普通に仕事してた。

稚内に到着して、宿泊予定のゲストハウスに行ってみる。
定期観光バスが14時からだけど、それまで荷物を預かってくれたら、と。

荷物置き場があって、預かってくれた。
これで一安心。

駅まで戻って、電源を探す。
旭川駅と違って、あんまり電源のある場所がない。

2階の休憩スペースみたいなところに、1箇所共用の電源タップがあった。
1人1つまで使っていいということだったので、そこにつないで仕事の続き。

12時ごろになって、ランチに出かけた。
せっかくなので、ウニの入った海鮮丼。
3千円だけど、一度くらいは食べておかないとね。

駅に戻って、定期観光バス。
満席ではないけど、けっこう人がいた。

稚内の見どころを全部廻ってくれる感じのツアー。
最北端の宗谷岬、ノシャップ岬が行きたいところだ。

そのほかにも、間宮林蔵のゆかりの場所だったり、百年記念塔だったり。
塔の展望台からは、サハリン、利尻、礼文、宗谷など全部が見渡せて、よかった。

もう利尻は雲がかかっていて、朝に登りたかったと思うとともに、
ああいう形のいい山は外から見た方がいいと、自分に言い聞かす。

途中、エゾジカがいたり、キツネがいたり、いい感じ。
バスの車窓から見える風車がよかった。

宗谷岬は、なんか感動。
もうちょっとここを味わいたい、と思った。

最北端、いいね。

最後のノシャップ岬は、夕焼けの時間じゃなかったけど、よかった。

天気が良かったのが、何よりよかったことだ。
サハリンが見えるのも、3分の1の確率らしい。(意外に高いと思ったけど)

夜、ゲストハウスにチェックインしてから、夕食探し。
コンビニにするか迷ったけど、最後の夕食なので、外食で。

とはいえ、あんまり北海道と関係なさそうな、野菜醤油ラーメン。
店があんまりなくて、居酒屋かラーメンかしか、選択肢がなかったんだな。。

ゲストハウス、ベッドの上は荷物でたくさん。
まだ21時なのに、みんな早く寝てるので、寝よう。
22時消灯だけど。



2019.08.25

利尻観光

午後がまるまる空いたので、どこかに行こうと探したけど、ない。
濡れた登山道具を部屋に広げて干してから出発。

まずはランチを食べようと思ったけど、近くの食堂は14時で終わり。
そのとき13時半を過ぎていたので、ほぼアウト。

結局フェリーターミナルのほうに行って、そこの食堂にした。
ウニ丼や海鮮丼に惹かれて店に入ったけど、4,5千円するので諦めた。
諦めないで食べればよかったのかもしれないと思うけど、小心者。

で、利尻海藻ラーメンにした。
4種類の生の海藻が入ったラーメンということで、スープからいい感じ。
だけど、スープの量がめちゃくちゃ多くて、中に漂う海藻を全部すくうのが大変だった。
そうこうしてたら、ほとんど全部のスープを飲んでいて、お腹はちきれそう。

利尻富士のてっぺんはまだ見えなかったけど、食後の運動も兼ねて、ペシ岬に登る。
けっこう急勾配で高さもあるので、登ったあとは達成感があった。
そして、礼文島とか見えて楽しかったし、ただ波を見てるだけでも気持ちよかった。

ラーメンが残ってて夕食はもういらないと思ったので、セイコーマートまで歩く。
そこで、明日の朝食の飲み物と、今日の軽い夕食とデザートのヨーグルト。

部屋に戻ってきて、利尻富士のてっぺんが見えないか、窓の障子を開けて待機。
まだ見えない。

明日の出発までに見えるといいのだけど。



2019.08.25

利尻富士

朝5時に、受付に申し出ればよいとのことだった。
そのときに登山届も出せばよいと。

10分前にロビーに行ってみたら真っ暗だったが、 
人が出てきてくれて、その方がドライバーさんだった。
どうやら私だけのようで、すぐに出発。
昨日までは毎日複数人いたらしい。

行く途中に、利尻岳について教えてくれた。
山はよく登ってるの?(たぶん心配されてる)とか、
9合目から上があんまりジグザグしてなくてまっすぐ登るから大変だとか、
下山のときに滑って転んでヘリコプター呼ぶことが多いとか、いろいろと。

雨は上がりましたかねーとか言ってたのに、登山口に近づいたら雨。
車を降りたら、はっきりと雨だったので、雨装備。
レインウェアを着て、ザックカバーをかけて、サコッシュをしまった。

予定では5時半に出発だったけど、ちょっと早くスタート。

最初はしばらく平坦な道。
有名な湧き水の場所があったけど、水はいっぱい持ってたし、
どこから汲めばいいのかわからなかったので、ひとまずスルー。

ほぼ一本道で、迷うことはない。
そんなに急がず、でもタラタラともせず、淡々と進む。

トレラン風の男性に抜かされたのと、
抜かしたり抜かされたりする人が2人ほどいたのと、
クラブツーリズム的な人たちを抜かしたのと、
あといくつかカップルがいたなーって感じで、人は少ない。

4合目の標識が出てきて、1合分はけっこう長いなと思った。
5合目くらいからは体も整ってきたのか、楽になった。
6合目はすぐだった。

6.5合目に携帯トイレの場所があった。
ちゃんとトイレの場所が書いてあるのがいいと思った。

7合目から先がちょっとキツクなると聞いた気がした。
全然眺望がないまま、先に進む。
そんなに代わり映えしないが、ただ周囲が木からハイマツに変わって、明るくなる。

8合目、9合目と変わらない感じのまま進む。
雨でつまらないけど、意外に元気なままで、特に疲れもせず。
やっぱり荷物が軽いのはよい。
ただ、靴の中に水が入ったようで、靴下がびちゃびちゃになってた。

9合目を過ぎてから、歩きにくい道が多くなる。
私が苦手としている小石と土の斜面や、段差の大きい岩など。
それでも、警戒するレベルではなかった。
ただ、距離は長く感じた。

そして、あそこが頂上かな?と思ったところが、頂上だった。
素直な道だ。

周囲は相変わらず真っ白で、何も見えない。
小降りにはなっていたけど、雨もまだ降っていて、風も吹いている。
寒々しい中、一応記念写真を撮ってもらう。

そして、水でぐしょぐしょになった靴下を脱いで絞った。
待ってれば雲はなくなるのだろうか?なんて思ったりもしたけど、寒過ぎて断念。

帰り道、9合目までの間にたくさんの人とすれ違った。
ちょっとの違いで、頂上は混雑だったんだな。

ずっと下り坂なので、すれ違いの待ってる間が休憩時間。
寒くて膝がやばいかも・・・と思ったけど、結果的には大丈夫だった。

お腹が空いてきたので、時々揚げ煎餅を食べて休憩しつつ、下る。

せっかく携帯トイレを買ったので、ぜひ使おうと決めていた。
最後のチャンスは6.5合目の携帯トイレブース。
そう決めたからか、そこに行くまでにトイレに行きたくなったのでOK。

当たり前かもしれないけど、携帯トイレブースはけっこう綺麗だった。
ブツはないのだから、臭いもほとんどない。

説明書を見ながら取り付け、持参のトイレットペーパーも準備してOK。
モンベルで買ったやつをどう使うかは試したことがないけど、利尻版のは簡単だ。

最後のゴミがけっこうデカイから、密封袋に入れたあとはザックに外付け。
(押しつぶせば小さくなったかもしれないけど漏れると怖いので)

そのあともけっこう長かった。
急斜面はもうほとんどないけど、泥の道が多い。

4合目あたりで、リスがいた。
最初は目の前にいた何かが茂みに逃げた、尻尾が長い、ということしかわからなかった。
でもそのあと、今度はちゃんとリスが目の前をうろちょろしてくれて、可愛かった。
写真を撮ろうとしたところで、茂みに逃げてしまった。

3合目の登山口までは、長かった。
登山靴についた泥を落とそうとしたら、またその先に泥だまりがあったり。

12時半ごろに、登山口に到着。
登山口には、登山靴を洗う水道とブラシが用意されていたので、そこで洗った。

ホテルに連絡したら、今は誰もいないので13時ごろに迎えに行くとのこと。
その間に、ぐちょぐちょになった靴下をまた絞った。
登山口、ちゃんと撥水スプレーしとかなきゃダメだな。

帰りの車で、全然見えなかったーって話をした。
それでもここ1週間で今日がいちばん天気がいいらしい。
今日はほんの一瞬だけ、利尻富士の山頂まで雲が取れたらしい。
私はまだその姿を見てないけど・・・。

何にも見えなかったけど、達成感はまぁまぁある。
登り4時間、下り3時間くらいだったかな。

脅されたわりにすんなり帰ってこれて、よかったよかった。


2019.08.25

旭川→稚内→利尻

昨日 8/24 のこと。

朝、旭川のホテルを出て、稚内行きの特急宗谷に乗る。
隣に誰か座るものかと思って、重い荷物を網棚に乗せたが、誰も乗らなかった。

最初は外の景色を眺めていた。
そして、景色が変わらなくなったころ、仕事を始めた。
WiMAXがつながって、おぉ、と思ったけど、しばらくして繋がらなくなった。
PCを閉じて、寝たり、外の景色を眺めたり、いつもの旅に戻った。

飽きた頃、稚内に到着。
外は雨だった。

最北端の駅ということで、写真を撮ったりしてたけど、
外が強風と雨ということに気づき、ちょっとガッカリ。

フェリーターミナルを見に行こうかと思ったけど、雨風が強すぎて断念。
もう一度、今度は傘を出して行こうとしたけど、傘をさせないほどの強風で断念。

諦めて、駅で昼食をとって時間をつぶして、雨が弱まったときに移動しようと思った。
駅の2階はキッズスペースになっていて、映画館もあった。
稚内住民の大事な遊び場なのだろうか。

駅で食べるところは、食堂1つ、立ち食い1つ、売店1つ。
売店で、ハンバーガーとカルピス牛乳を頼んで、のんびり。

それでも雨は止まず、15時になったら移動しようと決めて、それまで仕事。
駅ではさすがに WiMAX がつながるようだ。

15時になっても雨はやんでなかったけど、少し弱まった気がした。
レインウェアを着て、外に突撃。

10分くらい歩いて、フェリーターミナルに到着。
靴も靴下もすっかり濡れてしまっていた。

Web予約したときにQRコードが発行されていたが、
これがチケットなのか、引き換えが必要なのかわからない。

うろちょろして情報を探すけど、見つからない。
代わりに、稚内の定期観光バスを見つけたので、予約する。
最北端の碑だけは行きたいけど、自分でバスを待つとか大変だし。。

15:40からチケット販売と書いてある列に並んで、係員さんに聞いてみたら、
QRコードはチケットに変える必要があるということだったので、並ぶ。

時間になって、チケットに引き換えて、2階の乗船口で待つ。
喫煙室の煙が流れてきて、臭い。

時間の15分前くらいに乗船して、雨の中、出発。
1等ラウンジ席は、豪華な内装で、リッチな気分だった。

利尻に着くちょっと前に、晩御飯をどうしよう?と気づいた。
素泊まりになっているのだ。
調べたら、もうターミナルのレストランは閉まってるようだったので、
慌てて売店でパンを購入。

ターミナルで、一応、利尻マリンホテルの札を探してみたら、
まさかのお迎えが来てくれていた。
お願いしてなかったのに、申し訳ない。

どうやら私だけだったようで、すぐに移動。
ホテルは、ターミナルから港を挟んで反対側の、結構近い場所だった。

チェックイン時に登山口への送迎を改めてお願いしたら、
登山届を書いて出すように、とか、携帯トイレが必要だという説明をしてくれたりとか、
なんかいろいろと準備が整っていて、びっくりした。

売店で、稚内牛乳、のど飴、携帯トイレを購入。
部屋に戻って、登山の準備をして、早めに就寝。