2019.05.04

美瑛

四季彩の丘と青い池・美瑛コース

定期観光バスで、美瑛に行くコースに申し込んだ。
四季彩の丘という花畑と、青い池がメインになっていて、どちらも写真で撮りたいもの。
だから、晴れの予報の日に予約して、けっこう楽しみにしていた。

8時半にJR札幌駅のバスターミナルに集合。
外国人の姿もちらほら見える。
ガイドさんに連れられてバスに乗り込む。

一番後ろの席だった。
座っていたら、夫婦が通路を挟んで隣になってるという中国人っぽい人に、
席を代わってくれと言われて、交代した。
交代した先の席は、インド人っぽいファミリーだったが、東京に住んでるとのことだった。


ガイドさんの話を聞きながら、しゃべってないときは Mr.Children を聴きながら、
途中でサービスエリアで休憩時間があったりしつつ、
カンパーナ六花亭に到着。

マルセイバターサンドで有名な六花亭の施設で、いろんなお菓子が売ってる。
カンパーナ六花亭オリジナルという、富良野あんころをレジが混む前に急いで買った。

テラスであんころ餅を食べながら、キレイな景色を眺めたり、写真撮ったり。
やっぱり、山が見える景色って、イイ。


また移動して、次はお昼。
後藤純男美術館のレストランでランチ、そのあと美術館タイム。

ランチはすでに配膳されていて、1人参加の人のテーブルで、静かにお食事。
ライスが皿盛りだったので乾いてたのが残念だけど、かみふらのポークとか美味しかった。

そして後藤純男美術館
実は、後藤純男という人を知らず、ほとんど期待してなかったが、
今日1日を終えてみて、トータル一番よかったのが、この美術館だった。

日本画というものを詳しく知らなかった。
たぶん美術の授業でやってるんだろうけど、覚えてなかった。

だが、私が中学の頃に描いていたのを延長していけば、こっちに来たのか?と思った。
岩絵具を使ったことはないし、説明を見た感じでは、けっこうめんどくさそうだけど。
でも、描きたいと思った。

中学の頃、授業という名目で、勝手に時間をかけて描いてたなって思い出した。
今のプログラミングよりも、もっと自分から好きでやってた感じがある。
景色の良いところに引っ越して、やってみようかな。

そんなことを思いながら、けっこうな大作をゆっくり見学した。
良い時間だった。


次は、青い池。
何年か前に急に有名になって、でもそのときは駐車場とか整備されてなくて、
今になって人気が落ち着いてきたところで、駐車場が整備されたらしい。

で、見て、泥水?? って最初思ってしまった。

それくらい茶色に見えた。
水は透明で、端っこの方だと下まで見えるから、汚いわけではなさそう。
ただ、色がキレイじゃなかった。

期待していただけに、残念。
緑っぽい白っぽい茶色っぽい池だった。
全然青じゃない。

最後、四季彩の丘。
ここがメインだと思ってた。
青い池がイマイチだったから、ここでたくさん写真撮ろうって思った。

が、こっちのほうが酷かった!!

花が全く咲いてないどころか、草が生えてるところも少なく、植える前の畑状態。
だから、茶色。

丘の曲線とか、十勝岳・旭岳など、雪を冠った山々がキレイに見えたのは嬉しい。
けど、それは四季彩の丘じゃない。

自然のこともあるからしょうがないけど、5月上旬は全く咲いてないってことを、
どこかに書いておいてほしかったなー。。

あとは帰り道にパッチワークの丘とかを車窓から見て、おしまい。
うーん、ハズレなツアーだったなぁ。。

天気は良かったし、山々の風景は良かったし、後藤純男の絵は良かった。
ま、それだけでよしとしよう。
目的と違うけど。

 


2019.05.04, 23:42 / 2019.04: 札幌
2019.05.04

再会

高校の放送委員会のときの友だちが、札幌に来ているとFacebookで連絡をくれた。

家族旅行のようだから、会おうともせず、楽しんでるかなーとか思ってた。
そしたら、会おうってあっちから言ってくれた!!
本当に感謝。

なんだかね、家庭がある人って誘いにくいと思っちゃうんだよね。
あちらもそんなに細かく計画を立ててるわけではないそうで、会う時間を作ってくれたのだ。

ほのわ 源灯庵 すすきの にて、会うことができた。
お子さんを見た瞬間、そっくり!!って思ってしまい、なんだか微笑ましかった。

ご家族と一緒に、炉端焼き。
お子さんたちも私がいてもあんまり気にせず、楽しそうにしててよかった。
今何してるとか、そういう話をしながら、一家団欒に混じって夕食。

子どもたちが二次会行くのー?行けばいいのにーってケシかけてておもしろい関係。
お言葉に甘えて、締めパフェをさせてもらった。

Sweets Sinner というカフェで、たっぷり2時間くらい、2人でおしゃべり。
桜と抹茶のパフェ、美味しかった。

働き方の話とか、移住の話とか、とりとめなく自分の気になってることを話したり、
共通の友達の話をしたり、そんな感じで、やっぱりとりとめなく。

高校の時って、もう22年前とかなるわけで、ホント時の流れは怖い(笑)

いやー、楽しかったな。
こうやって、会おうって言ってくれる友達がいるって、幸せだなって、しみじみ思った。


2019.05.04, 00:48 / 2019.04: 札幌, 高校