2019.03.04

ワンダー 君は太陽

先天性の病気で生まれてすぐから整形手術を27回も受けてきたオギー。
引きこもって自宅学習を続けてきたが、両親は新学期から普通の小学校へ行かせることにする。
最初しばらくは怪物扱い・菌扱いをされていたオギーだが、
実は賢くてユーモアがあるということに気づいた子が友達になっていった。

見た目だけなんだけど、見た目は第一印象でもあるわけで・・・
やんちゃ盛りな子どもの中であれば、当然のようにイジメの対象になる。

この映画で意外だったのは、オギーの物語だけではなかったこと。
中心にはオギーがいるが、母親も問題を抱え、姉も問題を抱え、姉の友達も、オギーの友達も、ワンコも?
みんなそれぞれに悩みを抱えて葛藤して、日々を生きている。

そういう意味ではみんな同じはずなのだ。
だんだんと時間がたつと、顔がみんなと違うとか、気にならなくなっていく。
オギーの周りの子たちもそんな感じで、慣れていく。

みんなで助け合って、見た目じゃなくて心で通じ合っていければ、心地よいだろう。

すごい感動したし、爽快な気分だったし、愛おしくなったし、よい映画だった。


2019.03.04, 23:06 / ☆☆☆☆☆
ワンダー 君は太陽 はコメントを受け付けていません。
2019.03.04

CP+ CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2019

カメラのイベントに行ってきた。
元々はトークショーを聞きたかったのが目的だったんだけど、
そっちは別に申し込まなきゃいけなかったということに後から気づき、聞けず。

行くかどうか迷ったけど、他に特にやることないので行ってみた、という感じ。

雨で寒い日だったので、気持ちは落ちてる。
キッチンカーなんて全然お客さんいなくて寂しげ。

どの会場で何をやってるかちゃんと把握しておらず、
とりあえず案内された展示会場に入ってみた。

華やかな雰囲気で、居心地が悪かった。

CANONのカメラを見ようと思って、CANON EOS RP の説明をやってたので聞こうと思ったけど、
おじさんたちの熱量がすごくて、何も見えなくて、すぐに諦めた。

人が多いのと、雰囲気で、もう完全に気持ちが疲れていて、撤退。
30分くらいしか滞在しなかった気がするな。

 


2019.03.04, 09:09 / お出かけ
CP+ CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2019 はコメントを受け付けていません。