2018.12.29

バガンをEバイクで巡る

サンライズのあと、宿に戻って朝食。

バイキング形式でチャーハン、ビーフン、パンといろいろ選べる。
パンとヨーグルトで元気になった。

明日は朝早く出てしまうので、食べられなくて残念。

アーナンダ寺院、タビィニュ寺院など、大きくてまだ行ってないところから行く。
早朝と比べて交通量も多く、またちょっと怖いが、直線道路はけっこう気持ちいい。

Ananda Temple

Ananda Temple

Thatbyinnyu

あと思い立って、シュエサンドーパヤーも行ってみた。
両親が以前ミャンマーに行ったときは、ここからサンセットを眺めたそう。
もう登れないが、かなり大きいので、確かに見晴らしよさそう。

Shwesandaw Pagoda

Shwesandaw Pagoda

ミャンマー自体、もっと早く来るべきだったんだろうなぁ。

昼頃に、考古学博物館。
一時的に停電してるけどいいかと聞かれ、どういうこと?と思ったが、暗いだけとのことだったので問題なし。

いろんな仏像、建築物の間取り図と姿の絵、文字、髪型、等々、それぞれたくさんあった。

ランチは博物館前の外の店。

昨日と同じスタイルのミャンマー料理だが、カレーは1つを選ぶ。
値段も聞かずに注文したが、昨日のところよりは安いはず。

あとから来た日本人が同じのを頼んで、値段を聞いてるのが聞こえ、2000K ってことでよかった。
ミャンマー料理、結局メインで食べるのは3種類くらいだから、もったいないよな。

そのあとゴドーパリィン寺院、シュエグーチー寺院に行った。

間違えて Golden palace の方に入ってしまい、Eバイクはあっち、とか怒られて移動するとき、やっちまった。
方向を変えるとき電源オフにしておかないと、間違えてアクセルひねっちゃうんだよな。。
当たった先が前の車のタイヤでよかったけど。。怖かった。。

Gadawt Palin

Shwegu Gyi Phaya

だんだん心が疲れてきて、トイレに行きたいのもあったし、いったん宿に戻ることにした。

タラバー門を通って、太いいつもの道に出るはずが、曲がるところを間違えたらしい。
細いメインロードに出てしまった。

トロトロ走ってると後ろが詰まって申し訳ない。
でも避けようにも、側道はゴロゴロした大きい石の道なので、転びそうで怖い。

曲がれそうになったら曲がって休む、ってことをしてたら、昨日行かなかった仏塔密集地に出たり、楽しかった。

Khaymingha

Htilominlo

最後に宿のすぐ近くで迷ってしまったが、15時過ぎに、無事に宿に着いた。

もう気持ちが疲れてたので、Eバイクは返却。
ついでに明日の朝にフェリー乗り場まで行くタクシーをお願いした。

あと行きたい場所は、マーケットとシュエジーゴンパヤー。

マーケットが16時までか17時までかわからなかったが、さっと行く。
徒歩だと生活が見えるのが楽しい。

けっこうゴミに囲まれた家が多くて、と思えば、カゴみたいに編まれた家があったり、歩く時間を作ってよかった。

マーケット、小さい店がゴチャっとしてて、楽しい。
タマリンドのキャンディを試してみてという情報をもらっていたので、それだけ買った。

Mani Sithu Market

最後にシュエジーゴンパヤー。

大きくて、キレイな金色で、地元の人がたくさんいた。
そこで夕焼けまで待って、歩いて帰ってきた。

Shwezigon Pagoda

またお腹が空いてないので、夕食はジュースだけ買っておしまい。

明日、ちゃんと船に乗れるかなぁ。

毎日不安しかない。


2018.12.29, 23:24 / 2018.12-2019.01: ミャンマー
バガンをEバイクで巡る はコメントを受け付けていません。
2018.12.29

サンライズとEバイクの朝

やっぱり早めに目が覚めた。

サンライズの時間が6時半ということを調べたので、
迷ったりノロノロ運転したとして、通常15分のところ1時間見ておけば余裕だろう。

5時に出発することにした。

フロント周辺でうろうろしてるのが夜勤スタッフだろうと思い、
Eバイクを使いたいと言ったら、部屋番号を聞かれただけで貸してくれた。

昨日の練習の時に聞き忘れたライトとウインカーも教えてもらった。

いざ出発。

Maps.meのナビを起動。

昨日、電波がない場所があるのに気づいて、それだと地図と居場所がズレるから怖いのだ。
大まかには2回しか曲がらないはず。

だけど曲がる場所を間違えないよう、時々止まって確認した。

車はほとんどいないので、初心者にありがたい。

だが途中から、中高生くらいの団体が歩道をはみ出して歩いてて危ない。
年末の休みに友達とサンライズを見に行くのか~とか思ったら、いいな、楽しそうだなって昔懐かしい感じ。

最後に曲がるところは誰も同じじゃなくて、人気のない場所なのかと不安。
でもひとまず決めたところ、スラマニ寺院近くのポイントに行ってみる。

途中で、何人かのバイクの人が、サンライズに行くの?登れる場所に連れていくよ!って話しかけてきた。

こっちは運転に必死で、会話してる余裕なんてない。
無視したり、No って言い続けたりしながら、登るのが目的なんじゃなくて、気球が見えるところがいいんだ!って思ってた。

ナビの最後と道路がズレていたが、それっぽいところに到着。
また別の人が来て、何人かバイクの人は付いてっていなくなった。

ポツポツと仏塔がライトアップされてるのが見える。
4,5人は残ってて、野犬が吠える中で待ってた。

ふとナビを見たら、目的地とズレたところにいることに気づいた。

よくよく見たら、いた場所は、”sunset” の場所。
行こうとしてたのは、”sunrise with balloon” の場所。

まだ時間はあるので、ちゃんと行こうとしてた場所に行ってみることにした。

が、なかなか難しい。
真っ暗で道がどうなってるのか見えないのだ。

少し戻って違う道に行ってみたら、また同じ “sunset” の丘に戻ってきてしまった。
いったんEバイクを置いて、歩いて道を確認した。

ナビじゃなくて、全体が見えるモードにしたら、
目的地は、どこかに道の先にあるのではなく、道の途中で原っぱに出るのだと気づいた。

原っぱに出たら、確かに仏塔とサンライズは見えそう。
だが問題は、低い場所で気球がちゃんと見えるかどうかだ。
もうサンライズまで30分とかだったので、待ってみることにした。

その間にも何人か、連れていくよ!の兄ちゃんが来た。
行こうかなと思いつつも、Maps.meにあったこの場所を信じたい気持ちもあった。

6時半にうっすら明るくなり、朝焼けの空の上の方は見えた。
気球はいない。

ダメだったか~と思い、帰り道に気球が見えたらそこで写真を撮ればいいかと、場所を移すことにした。

そのとき、また連れていくよ!の、今度はおばさん。
相手が女性だったら心配事が 1つ減るので、じゃあ行くか、という気になった。

でももうサンライズ終わってない? って聞いたら、まだ気球はこれから飛ぶから間に合う、と。

あなたはガイド?って聞いたら、そうだと言い、日本のお金ちょーだい、とか言ってくる。
(万札しかないので) ないと答えたら、じゃあ USドルちょーだい、って。
(ホテルに支払う分しかないので) ないと答えたら、ミャンマーのお金で 10000K ねって。

あと絵も買ってね、って言うので、それは断った。

とにかく時間がないからあとで話そう、急いで行こう、となり、出発。
だが、私のEバイクが遅くて、全然付いていけない。
途中でEバイクを乗り捨て、ニケツ体制で飛ばす。

Google Maps では “Sunrise Pagoda” って書いてある場所の、少し南だった。
その地図にない場所の小さな仏塔に、20人くらいの人がビッシリ乗ってた。

狭い階段だが、確かに封鎖はされていなかった。

裸足になって私も登る。
一応仏塔たから裸足なんだな。

ちょっと木が邪魔だけど、確かに見える。
既に登ってた人に、気球は見えた?って聞いたら、あっちってぶっきらぼうに教えてくれた。

まだ2つだけ、遠くに見える状態だったが、見える!

しばらく待ってたら、気球が見えていた寺院の方に流れ、コラボ。

さらに待ってたら、太陽の方に流れ、コラボ。

よかった。

よし、言われた額以上をあげよう、と思った。
が、そんな私の気持ちの、さらに上を要求されることになる。

途中で乗り捨てたEバイクのところまで戻るから、料金は倍ね、ってなり、さらに要らないと言った絵も見せられた。
うまい絵ではあると思うが、活かせない。
買ってしまったら、確実に捨てるかメルカリになってしまうし、心が痛いのはイヤだ。

だから断ったら、じゃあお金ちょーだいって。

また日本円、ドルが欲しいと言われ、無いと答えた。
タイバーツは?というので、それなら額も少ないし使い道もあまりないからいいかなと、あげることにした。

絵を買って! じゃあタイのお金ちょーだい、を何度も繰り返し、タイバーツは全部あげてしまった。
結局、ミャンマー&タイで3000円くらいかな。。
まぁ、物価から考えると高いけど、額自体はそうでもないか。

ということで、サンライズのドタバタはおしまい。

あとでまた偶然会っちゃったけどね。

帰りに、最初に行こうとしてた Bulethi に寄ってみたが、閉鎖されていて、廃墟のようだった。

Bulethi

Eバイクは、だんだん慣れてきていたが、スピードは出せず。
メーターが Km 表示であれば 20km/h くらいか。

でも電気自転車という位置付けなら、この遅さも許されるよねって勝手に思って、安全運転。

 


2018.12.29, 22:11 / 2018.12-2019.01: ミャンマー
サンライズとEバイクの朝 はコメントを受け付けていません。