2018.12.28

バガン観光

バガン空港に到着し、小さい空港なので情報を集められるような場所もなく、
入域料を払うところは見つけたので、自ら行って支払い。

そして、タクシーをつかまえる。
というか、タクシー?の問いに Yes と答えるしかない状況。

ニャウンウーまで5000Kと言われ、その値段で大丈夫なのか?と即答できないでいたら、
場所ごとに料金が決まってるという掲示物を見せてくれた。

というわけで、タクシー。

乗っていたら、案の定、チャーターの話を持ちかけてきた。
1日で25ドルはどうだ?と言われ、またまた相場がわからない。

でも、そんなに悪くない話な気はしていた。

1日目に遠いところを廻りたい、ビュータワーから仏塔たちを見たい、というのが希望だったので、
そう行ってもらうことにして、オッケー。

一旦宿に行ってみて、荷物だけ預かってもらえたらいいなと、そのまま宿に行ってもらった。
聞いてみたら、そのままチェックインさせてもらえた。
ちょっと掃除が行き届いてない点に、このとき気づかなかったのはミス。

約束の9時になり、またタクシーのおっちゃんと合流。
まだ何も支払ってないから、逃げることはないか。

遠めの寺院巡り。
名前を写真に撮るようにしたり、Google Mapsでマークしたりしたが、あとでわかるかな。。

だいたい、到着して、軽く説明してくれて、私が勝手に見に行って、気が済んだら戻ってくるスタイル。
最初のうちは私が戻るのが早かったのか、おっちゃんがいなくなったりしてた。

それから、別のドライバーが呼んできてくれたりしたことはあったけど、
だんだん近くで座ってたり、車内で映画見たりするようになって、合流が早くなった。

Izza Gawna Pagoda

Le-myet-hna Hpaya

Nara Thihapatae Hpaya

途中でビュータワーをすっ飛ばそうとしたので、行きたいと言ったら、
有料だからサンライズかサンセットじゃないともったいない的なことを言う。

明日は頼むつもりはないから、じゃあサンセット、ってことで後回し。

ミンナントゥ村の見学も勝手に組み込まれたが、
少女の案内で村の産業を見せてもらえ、タナカも経験でき、わりと良かった。

案内の子へのチップ、地球の歩き方よりも低い金額にしてしまったか。
あの子ちゃんとやってたから、ちゃんとあげたかったが、相場がわからない。

Minnanthu Village

Minnanthu Village

さらに仏塔を見てから、オールドバガンの川沿いの寺院を見て、ランチ。

Dhammayazika Pagoda

Lawka Nandar Pagoda

ミャンマー料理がいいって言ったら、伝統的なちゃんとしたやつだった。
1人5000K という、ちょっとお高めなもの。

チキン、ポーク、ビーフ、フィッシュ、マトン全種類と、野菜などのお惣菜で、合わせて15皿の小皿料理。
ライスはパラパラのやつをよそって、具材を好きなように乗せて食べる、でいいのかな。
正しいのがわからないまま食べた。

豚の角煮みたいなやつが美味しかったかな。

Golden Myanmar 2

食べ終わって、休憩。
一旦宿に戻って、15時にまた合流して、サンセットを目指すことになった。
初対面の人と一緒にいすぎるとイライラすることがあるから、ちょうどよかった。

宿で洗濯したり、明日のサンライズのオススメの場所を聞いたり、Eバイクの練習をさせてもらったり。
Eバイク、曲がるのがまだちょっと怖いけど、明日大丈夫かな。。

15時に合流して、ダマヤンジー寺院、スラマニ寺院といったメジャーなところを見る。

大きな寺院は中の壁画も大きいし、なかなか見ごたえがあった。
正直、仏像だけだと既に見飽きてるからな。。

Gu Byauk Gyi

Sulamani Temple

で、ビュータワーには16時半ごろ到着。
サンセットは17時半ということだった。

空港で買ったバガン入域料のチケットを初めてチェックされた。
それで通されたから、チケットは中で買うかと思って進んだが、違った。
また戻って、タワーのチケットを購入。

ウェルカムドリンクではちみつレモンみたいなジュースをもらって、少し元気回復。

エレベーターと階段で12階の展望フロアに行き、やっと見たかった景色に会えた!と嬉しくなった。

まず一周してから、サンセットのための場所取り。
17時10分前くらいで、かろうじて最前列を取れた。

時々写真を撮りながら、サンセット待ち。
欠けてくる少し前が一番キレイだった気がするな。

日が暮れたら一斉に帰るので、階段は大混雑。
その間にもう一周して、それから列に並んだ。

これでタクシーチャーターは終わり。

タクシー代と25ドルを合わせて最後に渡した。
ホントは25ドルだけでよかったのかもしれないけど、そうだったとしたらチップってことで。

おっちゃん、すごい喜んでくれてよかった。

途中で誰かとチャットしてるのが見えて、イイ客だけど1人だけ・・・みたいなことを書いてたので、
やっぱチップを期待してたんだろうな。

夜ご飯は食べてないけど、昼にガッツリ食べたからか、空腹ではない。
ホテル価格のジュースを買ってきておしまい。

明日、Eバイク心配だな。

でもサンライズとかいろいろ見たいから、頑張ろう。

 


2018.12.28, 23:44 / 2018.12-2019.01: ミャンマー
バガン観光 はコメントを受け付けていません。
2018.12.28

バガンへ出発

朝3時前に目が覚めたので、二度寝しないようにそのまま準備開始。
今さらバガンのことを調べたり、Grab taxi がいそうか様子を見たり。

4時になったのでチェックアウト。
ちゃんとフロントで待っててくれた。

外に出て、Grab 起動。
すぐにつかまった。
今度はちゃんと道路で待ってるから安心。

乗ってすぐ、なぜか cancel please って言われた。
何をするつもりかわからないから、聞き返したら、いいよこのまま行く、って。

そのあとに乗車した通知が来たから、乗車の処理を忘れてたのかな。

でも、信号で止まってる間に頭に水をかけたり顔洗ったりしてて、もしや眠い?と怖くなった。
そのあとはずっと運転手を凝視。

50分くらいで無事に空港に到着した。
料金も提示されてた通り7100Kだった。

よかった。

まだチェックインカウンターが開いてなかったので、少し待った。
パスポートEチケットの提示で、問題なし。

セキュリティチェックでは、未開封の水を取られた。
開封してないと怪しいってことかな。

まだ搭乗まで1時間半もあったので、お高い空港価格で、カフェの朝食。
充電しながら、ガイドブックをガン見。

荷物を預けられたら預けて、遠くのビューポイントに先に行こうかな。
あとはニャウンウーの仏塔かな。

明日はオールドバガンをゆっくり見たい。

 


2018.12.28, 09:02 / 2018.12-2019.01: ミャンマー
バガンへ出発 はコメントを受け付けていません。