2018.12.04

0才から100才まで学び続けなくてはならない時代

0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書
著: 落合陽一


落合氏の話は断片的には聞いたことがあったけど、まとめてガッツリ読むのは初めてだ。
論理的な思考と、アートの思考を両方持つこととか、共感できることが多い。

考え方が偏っていなくていい。

若者代表みたいな立場で紹介されていることが多いから、もっとデジタル寄りな人かと思ってた。
ちゃんと感覚を重要視しているからこそ、彼の研究やアートがあるわけだ。

暗記じゃなくて本質が大事ってところは当然ながら、
自分の考えや自分の言葉を探すことの重要性、その訓練が日本で普通に生活していると足りないことなど、
いろんな視点から見た考え方が書かれていて参考になる。

さらっと読めて、よかった。

基本的に全部Agreeなんだけど、それはそれでいいのか悩んでしまう。
そう思うなら、もっと自分で発信しないとって思ったり、自分で言語化しないといけないなと思う。

 


2018.12.04, 22:58 /
0才から100才まで学び続けなくてはならない時代 はコメントを受け付けていません。