2018.10.31

Zpacks Arc Scout 50L

539 (Arc Scout)
+ 14 (Shoulder Pouch)
+ 21 (Belt Pouch)
+ 82 (Multi-Pack)
+ 14 (Top Side Pocket)
+ 12 (Trekking Pole Holders)
+ 14 (Roll-Top Closure Straps)
= 696 g

Arc Scout 50L

Color: Azure Blue
Weight: DCF Material: 19 ounces (539 grams)
Body dimensions: 7″ x 12.5″ x 26″ (18 cm x 31.8 cm x 64 cm)
Volume: 37L main body, 2.5L each side pocket, 8L center pocket, 50 Liters Total
Frame Height: 17.5″ (44.5 cm)
http://www.zpacks.com/backpacks/arc_scout.shtml


Shoulder Pouch

Weight: .5 ounces / 14 grams each
Size: About 3.5″ diameter x 6″ tall (9cm x 15cm)
Volume: 60 cubic inches (1 liter)
Material: 2.92 oz/sqyd DCF or 4.8 oz/sqyd Gridstop
http://www.zpacks.com/accessories/shoulderpouch.shtml


Belt Pouches

Weight: .75 ounces (21 grams) each
Dimensions: About 6″ wide, by 2.25″ deep, by 5″ tall (15cm wide x 5.7cm deep x 13 cm tall).
Volume: About 60 cubic inches (1 Liter)
Material: 2.92 oz/sqyd DCF or 4.8 oz/sqyd Gridstop
http://www.zpacks.com/accessories/beltpouch.shtml


Multi-Pack – Four in One Backpack Lid / Chest Pack / Belt Pack

Dimensions: Roughly 9″ wide x 8″ tall x 3″ deep (23cm x 20cm x 7.5 cm)
Volume: About 3.5 liters / 215 cubic inches.
Weight Breakdown:
Main Compartment: 1.3 oz / 37 grams
2x Top attachment Straps (lid and chest mode): .35 oz / 10 grams
Detachable Belt (fanny pack and satchel mode): .9 ounces / 25.5 grams
2x extra belt clips (lid mode): .35 ounces / 10 grams
Total w/ all straps: 2.9 ounces – 82 grams (Gridstop fabric adds .3 oz).
http://www.zpacks.com/accessories/backpack_lid.shtml


Top Side Pockets

Weight: .5 oz / 14 grams each
The dimensions are roughly 6″ wide x 3″ deep x 8″ tall.


Trekking Pole Holders

Weight: .4 oz / 12 grams – Both sides of backpack


Roll-Top Closure Straps

Weight: .5 oz / 14 grams


2018.10.31, 22:30 / 未使用
2018.10.30

最北端、海洋文化館、お別れ

3日目: 10月28日

朝、薄明るくなってきた頃に目は覚めたが、まだゴロゴロしていた。
しかし、6時くらいから外で元気に遊ぶ子どもたちの声。



まだ早いかなと思いつつ起きたら、もうすでに何人か起きていた。
紅茶とお菓子でゆったりとした朝。

チェックアウトは10時なので、ゆっくりできる。

昨日はゆっくり食べられなかった朝食。
サラダ、おかゆ、炊き込みご飯、豚、などなど、かなり豪勢。
最終日なのでちゃんと食べきらないと・・・ということで、満腹。



9時過ぎに片付けが終わり、さらに北へ向かう。
沖縄最北端に行こうということだった。
行ったことなかったので、嬉しい。



最北端の辺戸岬、広いところに記念碑がいくつかある。
奥の方に鹿児島の与論島がうっすら見える。
それだけの場所だったけど、端っこなんてそんなもんだ。

また車に戻って、古宇利島を回ってから、美ら海水族館の近くにある海洋文化館に行く。
そのとき、大城さんの誕生日だからケーキを買っていこうということになり、
レンタカーはちょっと別ルートを通ってケーキを買う。

こういうときにさっさと動ける人たちってすごいよなって、いつも思う。
他人の気持ちのことになると、私は喜んでもらえるのか?とかいろいろ考えてしまって動けない。
私が誕生日は家族間だけのイベントだと思っているので、他の人の誕生日に関わってはいけないという意識があるんだよな。

ともあれ、無事にケーキを買えて、合流できた。



海洋文化館で2時間近く、フリータイム。
太平洋の島々の、海の生活や船乗り、船の作り方など、説明と映像と展示。
けっこう盛りだくさんな内容だった。



展示をゆっくり見ていたら、いい時間になっていた。
集合時間の少し前に出口のところで全員集まったので、出発。

そこから少し移動して、高速に乗る前の道の駅で、遅めのランチタイム。
ここで大城さんにケーキを渡して、ハッピーバースデー。
ランチにはタコライスを食べた。



あとは帰るだけ。
18時の飛行機の人がいたので、さっさと帰る。

レンタカーを返し終わって、17時過ぎにとまりんの近くの船員会館に到着。
ここの1階の居酒屋で、18時半から飲み会ということで、少し休憩時間。

帰る私は部屋がないので、メンバーの女性の方が部屋に荷物を置かせてくれて、おしゃべりなど。
SUPのことを聞いたり、Saltysがどんな感じなのか聞いたり。

18時半になり、居酒屋。
軽く飲んで食べて、19時ちょっと過ぎに私は空港へ向かう。

いやー、楽しかった。
カヤック、もうちょっと回数やりたいな。

 


2018.10.30, 22:05 / 2018.10: 沖縄
2018.10.30

東村のコテージ

2日目: 10月27日

とまりん前で、これからの行動について聞く。

最初は那覇で宿を探そうと、何人かスマホで探したりしていたけど、
翌日に海洋博物館へ行くことを考えたら、北で泊まるのもありということで、東村のコテージに泊まろうって。

車が1台じゃ足りないので、1台レンタカー。
ああ、こういうことを考えて免許を持ってこないといけないんだなって思った。(免許証は家に置いてきていた)
運転慣れしてる方が多いから、持ってたとしても出番はないだろうけどね。

レンタカーの方に乗った。
口数が少ない人が集まっちゃった感じで、なんだか申し訳なかった。
途中から、隣のおじ(い)さんとおしゃべりしてたけどね。

カヤックをやる人って、登山もやる人が多いのかもしれないな。
けっこう多くの人が、登山もやるようだった。
そう考えると、登りたい山が減ってきたら、海にシフトするのもいいかもな。

まずは、亀かめそばという、有名らしい沖縄そばの店でランチ。
有名人のサインがたくさん掲示してあった。



途中でコンビニやスーパーで停まったりしながら、北へ向かう。



東村つつじエコパークというところで泊まる。
テントサイトもあったが、1区画に1張りしかしてはいけないらしく、2050円。
みんなで1区画ならよかったけど、一人で2050円は高いのでヤメ。

コテージは8人用ということだったが、12人でも泊まれそうな広さ。
でもゆっくり寝たいし、着替えとかもあるので、テントがよかった。
そしたら、大城さんがベランダにテント張っちゃえば?って。

かなり広いベランダだったので、ちょっと大きいテントでもしっかり張れた。
自分の場所ができて、なんか気持ちが安心。

みなさん荷物を片付けたり、バタバタ。
あんまりすることがなかったので、手持ち無沙汰してた。



しばらくして、ハッピーアワー。
コテージのキッチンだけど、大城さんがいつものように準備してくれた。

そのまま、夕食の準備もしてくれて、徐々に飲み会へ。
なんか下ネタが多くてメンドくさかった。
だんだん飽きてきたのを察したのか、大城さんが自己紹介タイムを作ってくれた。

皆さん話し足りないようで、一人10分くらいかけて自己紹介。
名前はともかく、どういう人なのかはよくわかった。
ここから旅が続けば、もっと楽しくなりそうなものだけど、もう次の日に終わりなんだよな。

23時くらいに抜け出して、ベランダのテントに行こうとしてたら、
飲み会はお開きになったようで片付け始めたので、軽く片付けを手伝っておしまい。

テントはちょっと寒かったけど、快適に眠れた。

 


2018.10.30, 21:41 / 2018.10: 沖縄
2018.10.29

大忙しの朝、那覇へ戻る

2日目: 10月27日

朝の8時に島に放送が流れれば、フェリーの時間が変更ということらしい。

7時前からけっこう皆さん起きていたので、私も起きて、紅茶を飲んだりしながらのんびりしていた。
8時前に朝食ができ、食べ始めるか、というところで放送が入った。

静かにして聞き入る。

9時半のフェリーが1便だけで、そのあとは欠航とのこと。
そんなに早く止まってしまうのは、全然予想していなかった。

9時には港にいないといけなくて、車で島の反対側まで行かないといけないということで、
8:20にはここを出る、ということを告げられた。
そのとき7:45だったと思う。

お皿によそった朝食をかき込んで、走って自分のテントの撤収。
寝袋もテントも、慣れてるやつではなかったけど、さすがに他の方よりは慣れてたのか、1番に片付け終わり。
あとは食事スペースとカヤックを片付けないといけない。

大城さんに何したらいいか聞いたら、鍋とか車に積んで、と言われたけど、なかなかうまく積めず、申し訳なかった。
そうしていたら、もう一人テントの片付けが終わった人がいたので、2人で浜辺に走り、
カヤックを倉庫の前まで運びまくった。
シングル艇を8艇も運んだから、朝から汗かいた。

その頃、何人かパラパラと合流したので、カヤックを上に吊り下げるのはやってもらえた。
水で流したあとの砂を払ったり、荷物をどけたり、そんなことしかできず。

カヤックの方が終わって、キッチンや、テントが終わってない人がいたら手伝おうと思ったが、
キッチンが全て片付いていたばかりか、テントも皆さん終わったようでよかった。

青年の家の方も車を出してくれたので、1回で移動。
8:20ごろに出発できた。

港はさすがに人でいっぱい。
修学旅行生も200人以上(?)いて、集会を開いていた。
なんか宿を抜けだしたとかで怒られていて、大人から見れば、抜け出すほうも怒るほうも白ける(笑)

9時半のフェリーは、前の方に並んでいたおかげで座れて、
揺れが激しかったので、寝てた。

到着する頃に起きたら、周りでエチケット袋を抱えた高校生がうじゃうじゃいて、壮絶だった。

あーあ、カヤック終わっちゃったな・・・って思いながら、那覇に上陸。

 


2018.10.29, 22:49 / 2018.10: 沖縄
2018.10.29

カヤック

1日目: 10月26日

漕店Saltysのコラボ企画、シーカヤックで2泊3日のキャンプツーリング。

朝は7時前に起きてしまい、飲食スペースが臭いのはわかっていたので、荷物を全部準備してチェックアウト。
コンビニで朝食を買って、そのまま外で食べておしまい。

朝、9時前、ちょっと早かったけど、とまりんで待つ。
大城さんを発見してご挨拶。

どういうメンバーがいるとか教えてもらったり。
そして、台風の影響で日曜は波が高くなるから、土曜にフェリーで戻ることになるらしい。
1日しか漕げないから物足りないかもなーって。
日曜は美ら海水族館の近くにある海洋文化館ってところに行こうと思ってる、とのことだった。

徐々に人が集まってくるが、他はソルティーの方々で知らない人ばかり。
名前だけ自己紹介するけど、聞いたそばから忘れていく悲しさ。。

荷物を車に積み込み、10時のフェリーで渡嘉敷島。
平日だからかフェリーは空いてた。
外国人の観光客が多めだったかな。

渡嘉敷島に着いて、商店で買い出し。
その間にも少しずつ、自己紹介。

車ピストンで島の反対側に移動。
最初にカヤックを下ろしたりするため、男性陣が行って、その間、港で待ち。
気持ちよく晴れていて日焼けしそうだったが、でも暑すぎず、気持ちいい。

2回目の車でトカシクビーチのほうへ到着。
漕げる日が今日しかないということで、弁当を食べてすぐ準備。
キャンプで移動じゃないので、荷物の準備も最小限に貴重品と飲み物だけ。

 

カヤックは、大城さんとタンデムで、私が前。
漕店で乗るときはこのパターンが多い。
シングル艇に乗れないときは、大城さんと組むのが安全安心だ。

儀志布島まで、片道7kmの散歩。
波は穏やかで、海底まで見えるほど海もキレイ。
どんどん水の色が変わっていくのが、懐かしくて、嬉しかった。



岸壁にヤギがいるのも、ああこれこれって感じ。
そしてなんと、今回初めてかもしれないけど、カヤックから海ガメも見えた!!
カヤックをサメと間違えたのか、猛ダッシュで逃げて行った。

Saltysのほうはカヤックスクールらしいという情報は聞いていたので、
皆さんガツガツ漕ぐのかと思いきや、全然漕げない人もいて、けっこう漕ぎ方の指導されてた。
私もまっすぐ漕げなくて指導されてたことがあったから(今も漕げるかわからないけど)、私までシュンとしてしまう。

儀志布島まで、普通の倍くらいに時間がかかって、2時間で到着。
予定より長くかかっちゃったから短めに、というわりに、40分くらい休憩。



シュノーケルを置いてきてしまったのが失敗したなって思った。
儀志布島の砂浜、台風で流されたようで小さくなってた。

帰りは潮の流れもあるようだったけど、けっこう早く感じた。
17時くらいに青年の家キャンプ場に戻って、草地にテントを張って、シャワー。
シャワーがあるなんて、豪勢なキャンプだ。

それから夕食。
タコ、イカ、島豆腐、ムール貝、パスタ、キャベツとキノコのスープ。
相変わらず美味しかった。
料理、ちゃんとできるのっていいな、って毎回思う。

そのまま飲み会になり、だんだん皆さんのことがわかってくる。
22時過ぎに眠くなったので抜けた。

夜は風が強くて、雨も降っていた。
雨と風の音で何度か起きてしまったけど、わりと熟睡できた。
ちゃんとペグしといてよかった。




2018.10.29

漕店にお世話になった数

今回のツアーで何度も聞かれて、ちゃんと覚えてなかった。
13年前に初めて行って、今回が5回目、というのが正解だったようだ。

2005/04/28-05/04 (漕店) 大城さんとタンデム(前)
2006/03/18-21 (漕店) 友だちとタンデム(後ろ)
2012/05/03-06 (漕店) 全然漕がないイヤな男性とタンデム(前)
2014/08/14-16 (漕店) 大城さんとタンデム(前)
今回は 2018/10/26-28 (漕店) 大城さんとタンデム(前)

明日から記録を残す。

 


2018.10.26

沖縄

最終の飛行機で、羽田空港から那覇へ。
飛行機は満席っぽくてビックリした。
3時間半は寝たり、音楽聴いたり、前方モニターのニュース見たり。
かなりヒマだったけど、なんとか過ごす。

空港に着いて、荷物を受け取ったら、すぐにモノレール。
美栄橋から歩いて10分かからないくらいで、宿。
入口がわからなくて電話してしまったが、宿の名前を覚えてないだけだった。

宿はゲストハウス。
ドミトリー3部屋と、喫煙室、飲食スペース。
香港で泊まったところに雰囲気が近い気がした。
寝床は鍵がかかるし、中で座っても頭ぶつけないし、快適。

さあ、明日は9時にとまりん。
飲み物とお菓子を買わないとな。

頭も体もカラッポになろう。


2018.10.26, 00:22 / 2018.10: 沖縄
2018.10.24

謎の痛み

西沢渓谷から帰ってきてから、背骨の一部が痛かった。
重い荷物を持ったわけでもないし、痛くなったのが3時間の帰宅道のどこかなので、原因不明。

今日、カヤックの荷物を最終準備していて、突然右手首が痛くなった。
重い荷物を持ったわけでもないし、捻ったわけでもないので、これまた原因不明。

これが歳のせいというのであれば、それはそれでよいのだが、
大きな病気だったら怖いなと思って仕方ない。

健康診断で、人間ドックとまではいかないかもしれないけど、来週、健保指定ドックというのを受けられる。
何でもかんでも、悪いところは全て見つけてほしい。

そしてその結果をなるべく早く返してほしい。

 


2018.10.24, 23:12 / 日々所感
2018.10.23

ぐったり

なんかもう、疲れた。

今日はGithubが復活していたので(昨日は丸一日トラブってて使えなかった)、
昨日リリースできなかった分をやったりしてたけど、
今週は木曜に早退する予定だし、金曜は有給休暇なので、あと少しで今週が終わる。

そう思うと、大きな作業はできず、結局ずっとやってる調べ物。
だいぶ前からのバグを、どう直したらちゃんと直せるのか、という、過去にイラつく作業。

ちゃんとこいつを片付けてから、大きな休みに入りたい。
(今週末のは私にとっては小さい休みである)

 


2018.10.23, 22:42 / 日々所感
2018.10.22

徒歩通勤

気温がけっこう下がってきたので、久しぶりに歩いて会社に行ってみた。
もちろんルートは覚えている。

長袖3枚だと、少し歩くと暑い。
途中の公園で上着を1つ脱いだ。

往復とも電車だと、7千歩くらいなので足りてない。
片道を歩いたら、1万1千歩になった。

1日1万歩が健康の基本ということを聞いたので、これくらいは歩かないといけないんだな。
スマホで歩数が測れるようになってから、気にするようになってよかった。
歩幅の換算だから、そんな正しくはないんだろうけど、目安として、ね。

 


2018.10.22, 20:48 / 日々所感