2018.05.18

香港の叉焼

お誘いいただき、九段下の錦福というお店で香港料理。
どうやら予約していないと入れないようで、空席はあったけど、飛び込みのお客さんは断られていた。

叉焼がお目当てのメニューとのこと。
読み方チャーシューで合ってるよね・・・? と少々ドキドキだったが、正解でホッとした。

叉焼、美味しかった。
それだけじゃなく、焼きアヒル、皮付き豚バラ肉の焼き物も美味しかったし、
避風塘と茄子とエビの炒め物も美味しかった。

避風塘が何物かわからなかったけど、ニンニクの・・・と言っていて、衣のような感じだった。
おいしかったので、レシピをググったところ、「フェイフォントン」と云うものらしく、
ニンニク、豆豉(トウチ)、トウガラシを混ぜたようなものらしい。
なるほど。

野菜料理がなかなか出てこなくて、肉料理がさっと出てくるのが、ちょっと不思議だった。
どうやら同じ注文が何テーブル分か溜まったら一気に作ってるようで、
出て来るときはほとんどのテーブルに同じ料理が運ばれていた。

お腹いっぱい食べたけど、炭水化物はとらず、ほとんど肉だったので、案外ヘルシーかもしれない。
楽しかった。

 


2018.05.18, 23:42 / I社
香港の叉焼 はコメントを受け付けていません。