2016.06.07

トゥー・ウィークス・ノーティス

弁護士ルーシーは、環境保護活動や建築物破壊を阻止するためにビラ配りをしていたところ、
ビルのオーナーであり、優秀な弁護士を探していたジョージに目をつけられ、雇われることに。
弁護士としての仕事以上に、雑用や相談まで引き受けているうち、二人の仲は知らぬ間に深くなっていく。

飄々としたイケメンおじさんに、ちょっと頑固で硬い女性が惹かれていく。

わかりやすいラブストーリー。
だから、好きな種類の映画。

トゥー・ウィークス・ノーティス
監督:マーク・ローレンス
出演者:ヒュー・グラント、 アリシア・ウィット、 デイナ・アイビー、 ロバート・クライン、 サンドラ・ブロック
収録時間:101分
レンタル開始日:2004-02-06



2016.06.07, 22:45 / ☆☆☆
2016.06.07

エヴェレスト 神々の山嶺

山岳カメラマンの深町は、エベレストで隊員が滑落して死亡したため写真集を出版できず。
ただ、そのときネパールで、死んだはずの天才クライマー羽生丈二と遭遇する。
羽生が何をしようとしているのか、深町はスクープを撮るべくエベレストに向かう。

岡田准一がゴツくて、本当にクライマー。
それだけに、楽に登ってるようにも見えたりしてしまうが、エベレストに行って撮影してるって凄い。

阿部寛も好きだから、よかった。
クライマーっぽくはなかったけど、あれだけ手足が長いとリーチ長くていいよなーって見てた。

で、アイスクライミングってこういうものなのかって、真剣に見てしまった。
腕がものすごい疲れそうだし、刺さらなかったり、刺したところが崩れたりしたら、すぐ落ちそう。

ジムのボルダリングだったら落ちてもやり直せばいいけど、あそこは無理。
一挙手一投足が命に直結しているというのが、見ていて怖かった。

ストーリーとしては、わかりやすい。
そして、リアルさは薄い気はするんだけど、エベレストは知らない世界だから、気にしない。

勉強になった。

http://everest-movie.jp


2016.06.07, 22:36 / ☆☆☆☆
エヴェレスト 神々の山嶺 はコメントを受け付けていません。
2016.06.07

晴れた

シンガポール2日目。
帰りがけにパンとジュースを買って、それが朝食代わり。

チェックアウトは12時だと聞いたけど、もちろんそこまで寝てるつもりはない。
目覚めてしまったのが朝7時くらいで、そのとき外が雨でないことに気づいた。

外のお店が開く10時くらいを目安に出発しようと思っていた。

しかし、やっぱりボタニックガーデンが心残りだったので、行くことにした。
幸いもう道を間違えておいたので、きっと今度こそは大丈夫。

9時くらいにホテルを出発し、オーチャードまで電車で行き、歩く。
途中の道が工事中だったりして、看板ないので不安でいっぱい。

最後に看板が出てきて、ようやく正解だと知ることができたのである。

IMG_2303

わかったことは、オーチャード駅から行くのが間違い。
ボタニックガーデン駅があって、そこからならすぐだった。
ガイドブックを信じたのが間違いだった。

中に入ったら、想像通りの植物園。
芝生があって樹があって、平和な大きな公園。

IMG_3292

蒸し暑くて、ぐったりしてきた。
もう汗をかかないつもりだったのだが、キレイな服を1枚残しておいてよかった。
そうしないと飛行機で臭いし、臭いまま会社に行くことになる可能性だってあったし。

とにかくビジターセンターを目指して歩く。
途中のガーデンで、ジュースやアイスを売っていたので、アイスでクールダウン。

同じガイドブックを持ったゆるふわな女性がいて、
ガイドブックに載ってるジュースを必死の形相で探していたのが、なんだか痛々しかった。

IMG_3294

少し回復し、あとは反対側のボタニックガーデン駅まで歩く。
結局このガーデンに3時間くらいかけていたようだ。
広いもんな。

そろそろお昼を・・・と思って、駅周辺を見たけど、どうも一人で入りにくい店しかない。
そのままリトルインディアに行くことにした。

昼頃に着いて、暑い。

少し歩いて、マーケットと寺院があるのを見て、もういいやって思っちゃった。
暑くて、疲れていた。

IMG_3299

何か食べるものを探そうと思ったけど、熱いカレーの気分ではない。

チャイナタウンのほうが店がありそうだったので、そちらに向かうことに。

で、着いたら大きなデパート!
ものすごく涼しい!

幸せな気分で涼み、地下の中華料理屋さんで甘辛の肉とライスとコーラ。
なんだかシンガポールで初めて、まともな食事をしたような気がする。

IMG_2308

美味しかった!

それから外に出て、マーケットを見たり、寺院を見たり。
お土産を探してみるけど、いまいち気持ちが乗るやつがなく。

IMG_3313

気持ちの上ではここで涼んで、キレイなシャツに着替えて、空港に向かう予定だった。

でも、外がキレイに晴れて、青空。

まだ1時間ちょっとあるし、ガーデン・バイ・ザ・ベイで青空の写真を撮りたい!と思ってからが早かった。
スイスイとベイフロント駅に行き、もう迷わずにガーデン・バイ・ザ・ベイ。

IMG_3328

昨日とは全然違って、すごい人混み。
時間がいいのと、天気がいいのと。

まずはシンボル的なスーパーツリーの写真を撮りまくり、
お金を払ってスカイウェイに上がって、上空の細道を心臓バクバクで歩きながら、写真を撮りまくり。

IMG_3357

満足した!

そして、ふと思い立って、マリーナ・ベイ・サンズにも寄ってみる。
スカイパークというのが展望台のようで、宿泊者じゃなくても行けるようだった。

この辺は、思い立ってそのまま動いていたので、何も調べてないし、考えてない。
さらに時計も見ていなかったのは、ちょっと失敗だけど。

吸い寄せられるように、スカイパークのチケット売り場に到着。
チケットを買うのに時間がかかったけど、あとはエレベーターで上がるだけ。

展望台に上がったら、人がいっぱい床に座り込んで涼んでた。
予想外の光景で、ちょっとビビった。

IMG_3375

IMG_3401

やっぱり写真を撮りまくり、そろそろ空港に行かなきゃ!と慌てる。

30分で着くつもりでいたので、ちょうどかと思ってた。
駅まで行ってから、もっと時間がかかることを知り、2時間前に空港着が無理だとわかった。

ちょっと心配だったけど、何回か乗り継いで、20分遅れくらいで到着。
チケットカウンターも普通に開いてて、何も問題無し。

香港で乗り継ぎ、羽田まで帰る。
20時発くらいでまだ寝る時間には早かったので、映画を見る。

香港では乗り継ぎの時間がなかったけど、そこは乗務員さんが案内してくれた。
そのままほとんど待つ時間もなく、羽田行きへ。

こっちは寝ようと思ってたけど、映画をまた1本見てしまった。
あとは寝たけど、3時間くらいしか寝られなかったんじゃないかな。

羽田に着いても眠くて、でも出社前に一度帰る時間は取れたのでよかった。

いやー、初めての週末弾丸トラベラー。
予想通り、シンガポールは2日間で十分だった。

マイレージじゃなきゃ、こんなもったいないことはしない気もするけどね。

 


2016.06.07, 00:25 / 2016.06: シンガポール
晴れた はコメントを受け付けていません。