2016.03.20

ドント・ディスターブ! オレたち最強バディ

学生時代に一緒に映画を作ろうって約束をしたまま、それを果たせず大人になったベンとジェフ。
あるとき突然ジェフがベン夫婦の家に押しかけ、遊びまくって飲んだくれた成り行きで、
ポルノ芸術祭に出品しようという話になり、ストレートな男同士のセックスを題材に映画を撮ることになる。

この1つの話をしつこく引き回す。
だから、全然、品の良い話ではない。

タイトルも盛りすぎで、最強バディとか関係ない。
弱虫とか腰抜けとか言われるのがイヤで、引くに引けなくなった男二人の意地の話。

もちろん結婚してるベンのほうは奥さんに言う言わないとか反対されるとか一悶着。
そのあとは、実際にできるのか?どうやってやるのか?で試行錯誤。

友情とセックスは別物だという、当たり前の結論にたどり着くまでの経緯を眺める映画。

ドント・ディスターブ! オレたち最強バディ
監督:イヴァン・アタル
出演者:フランソワ・クリュゼ、 シャルロット・ゲンズブール、 レティシア・カスタ、 アーシア・アルジェント、 イヴァン・アタル
収録時間:92分
レンタル開始日:2014-12-03



2016.03.20, 23:22 / ☆☆☆
ドント・ディスターブ! オレたち最強バディ はコメントを受け付けていません。
2016.03.20

同窓会

高校の全体の同窓会。
卒業して18年で、初めての開催。

私自身、幹事グループには参加してたけど、
遠隔でできるメール対応しか手伝ってなかったので、申し訳ない気持ち。
でもクラスに知ってる人いないし、モチベーションなかったので仕方ない。

会が始まるとき、アナウンスが始まったら、プロを呼んだのか!?と会場がザワついたが、
放送委員会アナウンス班の・・・という自己紹介で、おぉ!と逆にビックリしてたのが、仲間として嬉しい。
アナ班の子、みんな上手だけど、裏方だったもんなぁ。

生徒は2割弱の参加人数だけど、先生が9人中6人もいらしてた。
校長だったり副校長だったりする先生が多くて、なんかスゴいな。
先生方と卒業以来で話せて、良かった。

公立の進学校だったけど、ホントに自由にやらせてくれた先生たちだった。
先生としても、初めて担任を持った先生とか、チャレンジだったらしい。
そういう話を聞かせてくれるのも、卒業して年月が経つから。

先生の頭を悩ませた事件などあったにしても、
ホント自由にやらせてくれたって印象が一番だし、ありがたく思ってる。

でも、クラスに知ってる人がいないし、放送以外で話せる人もいなくて、
結局ほとんど放送の人たちとしゃべってたな。
みんな同じ感じで、役割を持ってたほうが逆に楽だったかも。
友だちがお子さん連れてきてたので、たくさん相手してもらった。

一応クラスの人たちとも話したけど、
高校の時全くしゃべってないよね?から話が始まった(笑)
同じ認識でよかった。
入学式で新入生代表の挨拶をした人という認識しかなかったらしい。

見た目が変わった人も、変わってない人も。
もともと知らない人がほとんどではあるけど、見覚えで判断。
男性の方が変わってなくて、女性は見ても見覚えすらない。。

まぁあとは何年後にやっても、見た目はそれほど変わらないんだろうな。

それにしても、あれだな、同窓会にスーツで行くという発想がなかった自分にビックリだ。
発想があっても迷った挙句にカジュアルで行くと思うから、迷わなくで済んだだけよかったけど。

 


2016.03.20, 21:08 / 高校
同窓会 はコメントを受け付けていません。
2016.03.20

平塚

午後から同窓会で平塚の予定だったんだけど、
妹らが実家に行ってることを朝に知り、
生まれて数週間の甥っ子に会えるイイ機会だと、まずは実家。

いやー可愛かった。

お兄ちゃんの可愛がりかたがちょっと乱暴でハラハラしちゃうけど、
兄弟仲良しなのもホンワカする。

お兄ちゃんのほうには、潮干狩りに一緒に行った人という認識に格下げされてた。
名前忘れちゃったんかな。。

祖母の近況も聞けたし、甥っ子姪っ子に癒されたし、良い時間だった。

 


2016.03.20, 19:16 / 実家
平塚 はコメントを受け付けていません。