2016.03.13

阿佐ヶ谷

大学時代の後輩たちと仕事の話など。
知らない世界で勉強になる。

そして、今いる場所に対するネガティブな感情が湧いてきてしまう。
自分の中で複数の場を持って、バランスを保てるように、時間の使い方とか工夫しないと。

阿佐ヶ谷の街、住みたい街とか住みやすい街とか、そういったイメージ。
実はちゃんと降りたのは今日が始めてかもしれない。

商店街に活気があって、日本って感じがした。

そのカフェで、海外の話をしてて、なんだか不思議な感じ。
海外とか日本とか、垣根なんかなければいいのになとか、ちょくちょく行ったり来たりできればいいのにな。

 


2016.03.13, 23:02 / C社
阿佐ヶ谷 はコメントを受け付けていません。
2016.03.13

なわとび

最近太ってしまってイヤ。
食べる量が増えた感じはないのに。

ということで、急に思い立って縄跳び購入。
室内用の縄がないやつ。

Lankdeals 最新 縄跳び デジタルカウンター カロリー ダイエット エアなわとび エクササイズ ポータブル縄跳び コードレス

普通の注文なのに、注文して翌日に来たのでビックリ。

image

電池のプラスマイナスがわかりにくくて逆に入れたりしてしまったが、無事に起動。

image

ただ、WEIGHTを設定しても、スタートしたらリセットされてしまうし、
TIMERを設定しても、その時間を経過しても音とか鳴らない。

と思ったら、STボタンはスタートじゃなかったのか。

セットして、そのまま飛べばいいらしい。
ちゃんと動くじゃないか。

1分も飛ぶとシンドイ。

1階なので、ジャンプは問題ない。
高く跳ぶわけじゃないので、響くことはないだろう。

さぁこれ、いつまで続くかなー。
ちゃんと持久力がつくといいなー。

 


2016.03.13, 20:52 / イイ感じで使用中
なわとび はコメントを受け付けていません。
2016.03.13

わたしに会うまでの1600キロ

家族のことや自分の生き方について、いろいろあったシェリル。
メキシコからカナダまでの1600kmを歩き通すというパシフィック・クレスト・トレイルに挑戦することに。
彼女が歩き始めてからゴールするまでを追う。

実話だとは思わなかった。

でも、実話と知って納得した部分はある。
山アリ谷アリのドラマというよりは、人生を振り返るシーンが多い。

シェリルの過去に何があったかは、その回想シーンをつなげて知るしかない。

いなくなった父、大好きだけどちょっと頼りない母との話もありつつ、
人間関係がうまくいかずにセックスとドラッグに溺れた過去もある。
どちらかというと、そこを正すために旅に出たというべきか。

最初はなんでこんなに大荷物??ってところで現実感がなかったけど、
それが途中でちゃんと正されてくれてよかった。
無計画に知識もなく旅に出た感じだったのね。

もし自分がこのトレイルに臨むと決めたとしたら、もっと準備をちゃんとするもんなぁ。
食料がないとか水がないとか、無理だろうなー。

ゴールに達したから何かを得られるのではなく、ゴールに向かうまでの道で得るものがほとんど。
淡々としたゴールシーンが、あぁリアルなんだなって思った。

わたしに会うまでの1600キロ
監督:ジャン=マルク・ヴァレ
出演者:リーズ・ウィザースプーン、 ローラ・ダーン、 トーマス・サドスキー、 ケヴィン・ランキン
収録時間:116分
レンタル開始日:2016-02-03



2016.03.13, 20:14 / ☆☆☆☆
わたしに会うまでの1600キロ はコメントを受け付けていません。