2016.03.07

雪山準備

mont-bell の兄さんの助言どおり、神保町の石井スポーツと さかいやスポーツに行ってきた。

モンベルの靴でもいいんだけど、高い買い物だがら他のメーカーも見たほうがいいって。
確かにモンベルの靴は幅は良いんだけど、その分大きいサイズになっちゃって、長さがちょっと余ってたのだ。

で、石井スポーツに行って見てもらって、出された靴はちょっとキツめ。
これ以上のものはないと言われてしまったので、考えてみますって出てきた。


281LI NEPAL EVO WOMEN GTX LIME
Size 41 (USA MEN:8 1/2, USA LADY: 9 1/2)

次は、さかいやスポーツ。
こちらでも同じように靴を出してもらった。

外反母趾だからって幅の広い靴を履かない方がいいという、前にどっかで聞いたことを言う店員さん。
その言うことを聞いてトレッキングシューズを買って、何度も調整したけど結局足が痛くて履けなかった過去がある。
だから、そこは譲らず、きついものは痛くて歩けなくなるから嫌だと言ったら、大きいサイズも出してくれた。

絶対店員さんたちって、外反母趾の痛さを知らないよなー。
我慢すればいいくらいの痛みだと思ってるんだろうけど、神経潰されてるような酷い痛みで歩けなくなるのに。

で、最初出してくれたやつから2つサイズアップして、痛みがなくなって大丈夫かも?と思ったやつで悩んだ。
確かにちょうどいいサイズで、今のところ痛くないけど、10時間歩いて痛くないか?はわからない。


11IYE Nepal Cube Gtx yellow
Size 42 (UK:8, USA MEN:9, USA LADY:10)

でも、縦に大きい靴を履くことは、前後に動いてしまう可能性があるし、つま先を引っ掛ける動作をしにくいのもわかる。

すっごい悩んで、結果、買うことにした。

買うことにしてから値段を聞いてビックリ!
8万円超えということで、予想より2万くらい高い。。

もうこれは雪山に行きまくるしかない!!

合う靴がこれしかないんだから、難しい足をしてるのが悪いんだから、仕方ない。

次はこの靴に合うアイゼン。
シューズ館に移動して、見繕ってもらう。

モンベルの人はハーネス型が便利って言ってたけど、こっちの人は断然ワンタッチ式を勧めてくる。
私自身はどっちも使ったことないので、せっかくワンタッチ式を使える高い靴にしたのだから、
ワンタッチ式にすることにした。

あと素材もステンレスか黒いやつかどっちがいいかとか、いちいち説明してもらった。


SERAC CRAMPON

1万数千円ということで、もし本当にワンタッチ式がダメだったら、ギリ買い換えられる値段。

これで必要で持ってなかったものは、全部揃った。

img_20160306_191018_1.jpg

img_20160306_191342_1.jpg

img_20160306_193413_1.jpg

img_20160306_191640_1.jpg

img_20160306_193403_1.jpg

雪山用の靴は、靴底が減っちゃうともったいないから、普通のところでは履かないほうがいいとのこと。

でも、足には慣らしておきたいので、家で履いてみたり。
ガッツリ歩くわけじゃないけど、長時間履いていられるかというのは重要なポイント。


2016.03.07, 00:42 / イイ感じで使用中
雪山準備 はコメントを受け付けていません。
2016.03.07

センスは知識からはじまる

センスは知識からはじまる

著: 水野学

納得できる内容であり、何も異論はない。
デザイナーが読むと違う感想になるのかな?と思ったりはするけど。

センスなんて、運の良さではない。
持って生まれたセンスもあるだろうけど、育った環境と感じて考える力の強さがほとんどだろう。

センスがない人は知識がない。
でも、知識があってもセンスがない人もいる。

会社の人にもぜひ読んでほしいものだ。

 


2016.03.07, 00:02 /
センスは知識からはじまる はコメントを受け付けていません。