2015.03.28

アヌラーダプラ着

体調を整えたかったのでアラームをかけずに寝たが、6時に目が覚める。

昨晩は結局アヌラーダプラまでどう行くか決めてなかったが、
・電車でコロンボに戻り、そこからアヌラーダプラへ直通電車
・電車で中継地点のプッタラムへ行き、そこからアヌラーダプラへバス
・バスで中継地点のクルネーガラに行き、そこからアヌラーダプラへバス
という選択肢がありそうなことはわかった。

バスはガタガタ道だし混んでると身動きとれなくてツラいと宿の兄ちゃんが言ってた。
でも電車は本数が少ないのがネック。

ということで、電車とバスを半々にした2番目に決めた。

結果的には大正解。
同じことしてる観光客もいたので、メジャーなのかな?

IMG_1240

電車の時間まで裏手のビーチを散策するが、見た目はそんなにキレイな海という訳でもなく。
なんか落ち着かないので、すぐにビーチの散歩は終了。

朝食の入ってないプランだったので、何かないかな~と探すが、近場には何もなく。
電車が9時半なのでだいぶ早かったけど、チェックアウトしてトゥクトゥクで駅に行く。

IMG_1250

トゥクトゥクの兄ちゃんはツアー組むよ?って言ってくれたけど、自分で回りたいからパス。
そんなに遠くないので、すぐに駅に到着。

まだ1時間前だったのでチケットカウンターは開いてなかった。

IMG_1252

時間潰しがてら、朝食。
周辺を見て回ったけど開いてる店はほとんどなく、駅前のオシャレ系パン屋。

コーヒーを頼もうとしてたが、突然の停電でできなかった。

辛い味付けの具が入ったパイと、クリーム入りドーナツ。
満足した。

IMG_1256

30分前に駅に戻ったら、観光客が続々とやって来た。

細かいお金がなくて心配だったが、ちゃんとお釣りもあってくれてよかった。
1000を出して910も帰ってきてビックリ。
大移動なのに90円しないって、さすがローカル安すぎる。

そろそろかなーと思ってたら、アナウンスで乗る人がホームを大移動。
コロンボ行きとプッタラム行きの時間が近かったので、どっちかわからない。

私も?と切符を見せて近くのファミリーに聞いたらそうだというのでホーム移動。
でもコロンボ行きっぽい雰囲気だったので、別の人に聞いたら違うって。

わかってなくても教えてくれようとするのは優しさだな、うん。

最初に聞いたファミリーは、赤ちゃんが私に釘付けになってて微妙に仲良くなってたのだ。
スリランカの人、わりと話しかけてくるし、遠慮せずにじっと見てくる。
その素朴さがイイネ。

ファミリーをバイバイして送り出し、プッタラム行きが遅れて到着。

IMG_1263

待ってる間に隣に座ってたおっちゃんが、そのまま電車でも近くに座り、
窓の外に見えるものを説明してくれていた。
単線らしく、追い越しの為の待ち時間が多かった。

途中でそのおっちゃんは降りて、ファミリーが来たり、何かと席は埋まってた。
他の席は空いてるのに、くっついて座りたい派というのがいる気がする。

自分の周りが空いてると、そこに誰が座るかわかんなくてイヤだから、
無害そうな私の周りを選ぶんだろうか、とかいう説。

2時間くらいして、たくさん降りた駅があって、地図を見たらまだ半分。
あとは眠くて眠くて、海外の電車で寝てはいけないとわかっていつつも、ウトウト。

IMG_1271

結局13時半ごろに到着した気がするので、4時間弱かな。

到着した駅は小さくて何もなさそうだったが、外にはトゥクトゥクが待機してた。
でも声をかけてくるでもなく、どちらかというと観光客を避けてる。
英語を話せないようだった。

観光客の一人に中国語で話しかけられて、中国人じゃないって返した。
でも目的地が同じだったので、トゥクトゥクもシェア。
中国人女性の一人旅という、珍しいパターンだった。

バスの停留所にはすでにバスがいて、すぐに乗る。
その後数人乗ってきたところで出発。

通路を挟んで隣だったローカル風な女性が、英語を話せて、話しかけてきた。
いろんな国で数ヵ月ずつ仕事をしてるらしい。
スリランカ人も出稼ぎは多いのかな~。
途中で間違えて降りないでねと言い残して、彼女は途中で降りた。

そのあとは中国人の子がちょこちょこ話しかけてくる。
中国人は英語が堪能というイメージだったが、片言だった。
片言だったけど、すごいよくしゃべる人だった。
ホテルもシェアしようと言ってきたが、私は既に予約してたので断った。

何人であっても、会ったばかりの人とシェアはめんどくさいから、断れてよかった。

IMG_1273

ローカルバスで2時間ほどかけて、アヌラーダプラに到着。
途中でいろんな停留所があって不安だったけど、席が近くの人が教えてくれた。

降りたらトゥクトゥクが群がってきたので、ホテルまで頼んだ。
安かったから近いだろうと思ったが、やっぱり一瞬で着いてしまった。

チェックインして、ウェルカムドリンクでフルーツジュースをくれてハッピー。
部屋もキレイでお湯も出る。
そして、2日分のシャワーを浴びてスッキリ。

IMG_1274

昼食&夕食を探して外に出た。
なかなかレストランがなくてウロウロしたけど、ローカルなところで食べることができた。

チャーハンにカレーソース、唐辛子、野菜の生姜炒めなどをトッピング。
辛いのは味を感じられなくて、野菜のがいちばん合う気がした。

IMG_1281

暗くなる前にホテルに戻って、部屋に入ったら、暑い。
出る前よりも暑くなってた気がした。
温度計は32℃60%で、熱中症アラームがついてた。

エアコンを入れようとしたが、つかない。
とりあえず窓を開けてみるか~と思うが、窓がない。
外のほうが涼しいのはわかってたので、仕方なくドアを開けてみる。

とかしてたら、マダム?ってドアの外におじさん。

ホテルのマネージャらしく、エアコンが壊れてる部屋だから換えますって。
娘がエアコンが壊れてるのを知らずに応対したということだった。
何で早く言ってくれないんですか~!ってことを何度も言われた。

まぁ確かに、そこまで頭が回ってなかったわ。
そしてチェックインの時にチェックしなかった私のミスだと思ってた。
ごめんなさい。

無事に部屋を変えてくれて、25℃40%で快適。

明日は自転車で遺跡を回って、午後にシーギリヤに移動する予定。
ようやく移動じゃなくて、観光が始まる。

 


2015.03.28, 00:09 / 2015.03-04: スリランカ
アヌラーダプラ着 はコメントを受け付けていません。