2015.01.18

カラオケ

今日は川崎店。

Androidアプリで、デンモクminiというのがあって、それを試してみたかった。

アプリとカラオケ店のDAMを接続することができて、アプリから曲予約などができる。
あらかじめアプリで曲リストを登録しておけば、そこから予約ボタンを押すだけでいいので、現場で曲探しの必要がない。

それだけじゃなくて、採点結果をアプリに入れておいてくれる。

指定された予約番号を入力すると、曲じゃなくて、画面にQRコードが表示される。
それをアプリ側で読み取ると、接続された状態になる。

で、今日はほとんどアプリ側で操作した。
採点ボタンを押すのと音量やキーの調整は、本体のほうで操作した。

今日の採点は、精密採点IIだった。

前回よりも全体的に5点くらい低く出てて、60~81点。
ググッてみたら、精密採点IIはビブラートがないと点数が出ないらしく酷評されていた。
ビブラートなんてできないし。

そして、Premire DAM だと精密採点IIで、LIVE DAM だと精密採点DXらしいことを知った。
今度からカラオケの機種を聞かれたら、LIVE DAM と答えるようにしよう。

それにしても、デンモクmini、気になる。
こういうのって使ってみないと触れる機会もないもんなぁ。

1人だと自分の履歴がそのまま自分のAndroidとつながるから、非常に便利だと思うんだけど、
複数の人でQRコードを読んだら、複数のAndroidとつながるんだろうか。
そしたら他の人の履歴も一緒に読み込んじゃうよなぁ。

まさか一人カラオケブームに乗ったアプリということなのかな。

 


2015.01.18, 19:36 / カラオケ
カラオケ はコメントを受け付けていません。
2015.01.18

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

アメリカのフォーク歌手、ルーウィン・デーヴィス。
相棒と別れて一人になったが、なんとか歌で生活をしていくため、友人の家を転々としながら仕事を探していた。
その日の生活にも困るほどお金がなく、何をやってもうまくいかない。

昨日見た映画と違って、成功しなかった男の話。

成功する人なんて一握りだから、成功しないほうが普通。
こういう人がたくさんいるんだろなと思うと、切ない。

居候した家の猫と一緒に行動することになったデーヴィス。
かわいいじゃんと思っちゃうけど、男が猫を持ってることが変ということらしい。

別の家では売れそうなバンドが生活していたり、実家でも邪魔者扱いだし、
ちゃんとしておけばよかったことも、お金がなくてちゃんとできなくて、結果的に損をしたり。
やることなすこと上手くいかない悪循環。

それが自分の人生だって受け止められるようにならないと難しい。
自分がそうしたいわけじゃなくて、自分の力でどうにもならない部分は大きいわけで。
でもルーウィンの場合は自業自得みたいなところも少しあるから、そこまで共感できないんだよなー。

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
出演者:オスカー・アイザック、 キャリー・マリガン、 ジョン・グッドマン、 ギャレット・ヘドランド
収録時間:104分
レンタル開始日:2014-12-03



2015.01.18, 19:16 / ☆☆☆
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 はコメントを受け付けていません。