2015.01.17

歯医者

下の歯の歯石を取ってもらって、終わりかと思ったら、
歯茎に埋もれてる部分の歯石を取るので、あともう1回だそうな。
フロスしてないと歯茎と歯の隙間が大きくなるらしく、そこに歯石が溜まるそうな。

毎日フロスしないとダメだなって、意識した。

それにしても、歯石を取ってもらうと、歯が痛い。
今までついた状態に慣れちゃってるんだろうけどさ。


2015.01.17, 23:07 / 病院
歯医者 はコメントを受け付けていません。
2015.01.17

ジャーニー/ドント・ストップ・ビリーヴィン

アメリカのロックバンド、ジャーニー。
大人気のボーカル、スティーヴ・ペリーが脱退してから、新たなボーカルをYouTubeで探していた。
メンバーが心を奪われた声を持っていたのは、フィリピンのマニラに住むアーネルだった。

ジャスティンビーバーもYouTubeだったよなーとか思うと、YouTubeの力すごい。

見ていて、ジャーニーを好きになる。

フィリピン人が入ったことで、一気にインターナショナルなバンドになったというメンバーの感想が好き。
元々のメンバーたちも差別とかしない兄貴たちで良いし、アーネルも純粋で素直で良い。

前のボーカルの人気を知っていて、自らも大ファンだったアーネル。

似せて歌わなければいけないことも理解していて、それが仕事だと割り切りつつ、
憧れのジャーニーと一緒にステージに立てることを心から嬉しく思っている姿が、見ていて幸せな気持ちになれる。
かなり長い間ずっとオーディションが続いてると思っていたというのも、おもしろい。

自分の作曲が全然売れずに、カバー曲だけが求められたという過去があったからこそ、
その状況もちゃんと飲み込めたんだろうなと思うと、過去の経験は生きるものだとしみじみ感じる。

アーネルの声はもちろんだけど、こういう性格もあって、前からのバンドファンにも受け入れられたんだろうな。

幸せな気持ちになれる映画だった。

ジャーニー/ドント・ストップ・ビリーヴィン
監督:ラモーナ・S・ディアス
出演者:ニール・ショーン、 ジョナサン・ケイン、 ロス・ヴァロリー、 ディーン・カストロノヴォ、 アーネル・ピネダ
収録時間:105分
レンタル開始日:2013-09-04



2015.01.17, 12:53 / ☆☆☆☆☆
ジャーニー/ドント・ストップ・ビリーヴィン はコメントを受け付けていません。