2014.12.15

わたしはロランス

30年間も性同一性障害であることを隠し、恋人も作り、外見どおり男として生きてきたロランス。
耐え切れなくなって恋人フレッドに告白したところ、フレッドは離れていかず、協力してくれると言う。
そのまま同棲を続けるが、ロランスに対する世間の目や、自分の立場に悩み苦しむ。

性同一性障害で外見が男で心が女ということなんだけど、女性のことが好きみたいで不思議。
フレッドを家族のように愛していたのか、女性として愛していたのか、わからなかった。

心が女というのは、女装のことだったのかな。
だとしたら、スカートとかフリルとか嫌いで男性っぽい服が好きな私も性同一性障害か。

坊主頭で女装したときの姿はさすがに現代であっても目をひくが、
終盤で長髪になったときは、なんとなく小室哲哉とかのビジュアル系っぽくて、
あれ?男性の姿に戻ったのかなって思った。

子どもが欲しいとか思わなければ、ああいう関係でも問題ないよな。
フレッドはきっと子どもが欲しいって思ってたんだろうけど。。

わたしはロランス
監督:グザヴィエ・ドラン
出演者:メルヴィル・プポー、 スザンヌ・クレマン、 ナタリー・バイ、 モニア・ショクリ
収録時間:168分
レンタル開始日:2014-04-25



2014.12.15, 20:53 / ☆☆☆
わたしはロランス はコメントを受け付けていません。