2014.10.25

Rakuten Technorogy Conference 2014

昨日、Twitter で楽天という文字を見かけ、あ、もしかして?と調べたら、今日だった。
すぐに申し込んでおいて、今日は他の予定(といっても買い物と掃除)を押しのけて、行ってきた。

ギリギリかな?と思ったけど、やっぱり家から徒歩15分ほどで着いちゃう近さだった。
この近さが魅力でここに通いたいとも思っちゃうけど、もう二子玉川に移転しちゃうんだよね。

Rakuten Technorogy Conference 2014

セッション数がものすごく増えた気がする。
リモート会場もあるって、今回からだったのかな。

聞いたのは、以下のもの。
もちろん全部英語なんだけど、日本人も英語うまい人の割合が高くなってる。

・A/B Testing for Mobile Apps: techniques and opportunities by Roberto Carli(Apptimize)
・The Pattern-Matching-Oriented Programming Language Egison by Satoshi Egi
・Keynote Speech by Hiroshi Mikitani
・At Rakuten, The Rakuten OpenStack Platform and Beyond
・Lessons learned from Ruby by Yukihiro Matsumoto (Father of Ruby)
・Rakuten Travel by Shunsuke Hoshino

A/Bテストの話と、Rubyの松本さんの話がおもしろかったな。
自分が選んだもののせいかもしれないし、当たり前かもしれないけど、目新しい話は特にない。

2番目の話は全くわからなかったので、申し訳ないけど途中で抜けて、ランチ。

ランチも無料で出してくれるとは・・・
そのあとでジュースももらっちゃったし・・・

もしこれが毎日続いたら、そのあとランチが出ない会社に転職したくなくなるだろうなー。

やっぱり、こういうの久々に行くの、楽しい。

 


2014.10.25, 21:44 / 勉強会
Rakuten Technorogy Conference 2014 はコメントを受け付けていません。
2014.10.25

あの日 あの時 愛の記憶

ポーランドにあるナチスの強制収容所に入れられたユダヤ人のハンナは、
そこで働くポーランド人のトマシュと恋に落ち、トマシュの計らいで二人で逃亡する。
トマシュはそのときに負っていた任務を果たすために一人ワルシャワへと向かい、そこから二人は再会できず。
30年後、ニューヨークに住むハンナは偶然見かけた外国のテレビに、トマシュが出ていることを知る。

ポーランド、ドイツ、ソ連の関係がちゃんとわかってなかったので、画面から状況を判断するのみ。
こういうとき、歴史の勉強をしておくべきだったって思うけど、頭に入らないんだよな・・・

どういう経緯で恋に落ちたか、後日どうなったか、気になるところは描かれない。
実話ベースというので、そういう流れなんだろうけど、気になるー。

人種差別の非情さは当然ながら、携帯電話がない、連絡が取れないことの辛さを改めて知る。
連絡が取れるからこその悩みもあるわけだが。

相手がもう死んでしまったと思ったからこそ、その後もう一度幸せになれた。
でも、先に進んでしまったからこそ、深い悩みに落ちる。

悪いのはユダヤ人を嫌ったトマシュの母。
自分の身を守るためには、仕方ないという時代だったのかも知れないけど。

あの日 あの時 愛の記憶
監督:アンナ・ジャスティス
出演者:アリス・ドワイヤー、 マテウス・ダミエッキ、 ダグマー・マンツェル、 レヒ・マツキェヴィッチュ
収録時間:111分
レンタル開始日:2013-03-02


2014.10.25, 07:07 / ☆☆☆☆
あの日 あの時 愛の記憶 はコメントを受け付けていません。