2014.06.01

ボルダリング

初めて秋葉原にある B-PUMP TOKYO に行ってきた。
全然知らなかったけど、いつの間にか B-PUMP 系列店が増えていたようだ。

秋葉原の雑踏を抜けて、少し人が減ったところに現れる大きいビル。
3階分もジムがあって、それぞれの階が広い。

1階は半分くらいがクライミング道具のショップ。
ボルダリングだけじゃなくて、ロープクライミングの道具もたくさんあった。

受付には常に行列ができていて、他店舗では見たことのない人の数。
他店舗で会員になってても、新たに会員になる必要があるらしく、名前等を入力させられた。

更衣室内に下駄箱があり、
鍵付きロッカーと、番号でロックするタイプのロッカーと、棚の3種類があって、広かった。

2階からスタートしたけど、ものすごい人・人・人。
おしゃべりしてたり、スマホで何かしてる人がたくさんいるので、この混雑でも成り立ってるのか。

緩い斜度の壁で、ピンク・緑・黄色とやって、ここまではできた。
赤はやってみたけどできず、また黄色に戻って、できたりできなかったり。
黄色でもピンク並に簡単な課題もあったりするし、同じ色でも全然難易度が違うな。

しばらくやってから、3階がどんなもんか行ってみた。
ここはテープがスタートとゴールにしか貼ってなくて、同じ色のホールドを手足限定で使うらしい。
ピンクはできたけど、黄色は2階よりもずっと難しくて出来なかった。

2時間くらいやって、左手の握力がなくなってたので、終了。
やっぱり一人じゃないと、ゆっくりめに休憩するからか、時間が過ぎてくれる。

飲み屋に行くにはちょっと早かったので、秋葉原にあるアウトドアショップ。
登山もカヤックもキャンプもしたいなー。

そして、上野のアメ横のほうまで歩いてみて、秋葉原と上野がすごい近いことを知った。
電車でしか移動したことがない場所だったから、全然距離感を知らなかった。
そして24時間営業の飲み屋があったので、お食事して帰ってきた。

スラックラインがボルダリングの役に立ったかどうかはわからないけど、
握力をつけたり、体重を落としたりすることは、やっぱり必要そうだ。

 


2014.06.01, 20:51 / お食事・飲み, ボルダリング
ボルダリング はコメントを受け付けていません。