2014.04.16

図で考えるとすべてまとまる

図で考えるとすべてまとまる

著: 村井瑞枝

タイトルや表紙で期待をしすぎたかもしれない。
大事なことは何も書いてなかった。

最初に図で考えるとわかりやすい例としていくつかお題が挙げられているのだが、論理的じゃなく。

お題の中に 1時間という制約が書いてないと 5分という解は出ないのに、
そんなのが当たり前のように書いてあったりして、戻って読み直したが記述不足。

電話番号や名前は覚えにくいでしょ?だから図だとわかりやすいんだ!と書いておいて、
電話番号を図ってどうやるの?と思って読んでたら、全くそのつながりが書いてなかったり。

著者本人はわかってるつもりなんだろうけど、論理的飛躍が多い。

そして、後半はマトリックス図など、図の形式の説明がずらーっとあって基本に戻る。

初めてプレゼン資料を作るなら読んでタメになるかもしれないけど、それ以上の情報はなかった。

 


2014.04.16, 22:06 /
図で考えるとすべてまとまる はコメントを受け付けていません。