2014.04.12

たとえ明日が来なくても

ニューヨークに住むインド人のナイナは、日々の母と祖母の喧嘩に疲れていた。
親友である男友達ローヒトの存在が唯一の癒しだったが、彼と付き合う気はなかった。
隣に陽気な若者アモンが引っ越してきて、アモンに惹かれ、ローヒトと三角関係になる。

これぞTHEインド映画。

3時間を超える長編なのだが、半分くらいは歌とダンスのミュージカル調。
そんな調子なので、すごいシリアスなシーンでも、コメディに見えてしまう。

ここを挿入歌かと思って油断して見ていると、話がすっ飛ぶ。
重要な場面は歌に乗ってさらっと流れていったりする。

ストーリーは単純。
インド人の感性や人生観が垣間見えるのがおもしろい。
同じインド人でも民族はいろいろなようで、結婚にあたっては気にするようだ。

数十年後には経済が世界No.1になると予想されているインド。
その頃にはこのドタバタが当たり前になって、だいぶ違った世界になってるのかな。

ニューヨークが舞台なのに、完全にインドだったもん。

それにしても、ローヒトが可哀想だな~って。。

たとえ明日が来なくても
監督:ニキル・アドヴァーニー
出演者:シャー・ルク・カーン、 プリーティ・ジンタ、 サイーフ・アリー・カーン
収録時間:186分
レンタル開始日:2009-08-07



2014.04.12, 11:26 / ☆☆☆
たとえ明日が来なくても はコメントを受け付けていません。